82 今日の奇跡に愛を抱いたらセツナシンドローム - tipToe.×nuance「dubrise」レポート

tipToe.とnuanceによる最初で最後のツーマンライブ、「dubrise」が昨日11/6に渋谷Gladにて行われました。nuanceは以前にも「triprise」というスリーマンを行っており、これは各演者が1曲ずつ入れ替わってパフォーマンスを行い、さながら3組でワンマンを行う…

81 とりとめもなく雑文というか吐き出すモ

3人のライブを観たって実感は沸かないと思う。「今日は休みなんだな」って思ってしまうはず。でもあのちゃんが休みの3人ライブは「戻ってくる前提」だけど、これからの3人は、「このまま頑張らなきゃいけない3人」だ。 これまでの4人は、同じ顔ぶれで2015年…

80 ぴゅーぴるモ!(ゆるめるモ!研修生)について詳しく書きます。※2019.10.3追記

去る9/25、ゆるめるモ!研修生「ぴゅーぴるモ!」のお披露目イベントが行われました。 内容は、やけにハイテンションな田家さんがメンバーを一人一人紹介しトークを行うというもので、ライブこそなかったものの、一部のメンバーを除き歌声も聴くことができま…

79 舞台スリーアウトは作演のクビ跳ねたほうがいい

高い金払ってクソつまらない芝居観たことも、無料でめちゃくちゃ面白い芝居を観たこともありますが、前者のパターンで史上最悪と言える観劇体験でした。 「面白かったら役者のおかげ」「つまらなかったら演出家のせい」という話を聞いたことがありますが、ま…

78 現状把握(moのオタクとして)

思ったことふわっと書こうとするとすぐこンのくらいになるので、もっとちゃんとブログを書こうと思った。ADHDっぽいので、ベラベラ喋る。Twitterするには煩わしい。自覚。 「運営に金を落としたくない」という理由で大きいワンマンや推しのソロイベすらも干…

77 tipToe. 6th ONEMAN「Colorful」ライブレポート&感想

先に書いておくと、あまり伝わらないかもしれないが、今日のtipToe.は過去に観た様々なライブの中で、もしかしたら一番素晴らしい公演を観ることができたのかもしれない。 良いライブの条件として自分が考えているもののひとつに「未来を魅せてくれるかどう…

76 「天気の子」の感想を書く(ネタバレなし)

5ヶ月ぶりのブログになってしまった。 正直長文を書くようなことがなかっただけなのだけど、前の記事がそれなりに不穏だったので妙な感じになってしまっているかもしれない。 今日は休みだったのに間違えて出社してしまって、追い返されて「天気の子」。 イ…

75 自殺の止め方はわからない

やってみてわかったけど少なくとも誰かが自殺しようとしてるとき、止めることはめちゃくちゃ難しいのだとわかった。よくわかった。当たり前のように連絡がとりあえる時代。SNSをはじめLINE、メール、なんでもある。自分の状況を伝える手段には事欠かない。自…

74 tipToe. 5th ONEMAN「Pinky Promise」

tipToe. 5th ONEMAN 「Pinky Promise」 2019.2.17 at 梅田CLUB QUATTROSET LIST1.The Curtain Rises MC 2.秘密 3.クリームソーダのゆううつ 4.茜 MC 5.ナイトウォーク 6.blue moon. ❮Interlude I❯ 8.ハートビート 9.僕たちは息をする MC 10.特別じゃない私の…

73 椋本真叶生誕のセトリ最高だったな

どこが最高かつらつら書いてたら長文になってしまったのでこっちに。。最近ライブレポとか書いてないですね。 SE.砂糖の夜に(short) 1.ソーダフロート気分 砂糖の夜にを入場SEにするパターンから、寧々ちゃん生誕でもやっていた転調?ポイントでメドレー式に…

72 なにをどうして生きていくのか

もうそんなこと考えている場合ではないのだけどなかなか定まらない。家の仕事のために資格を取りに行くけど、生まれ持ちの疾患などでディスアドバンテージが大きい上にまったくやったことない技術を今から身につけることの大変さ、なによりそれに対するモチ…

71 嫉妬ってするもんなんだな

嫉妬とかそんなにしない人間だと思ってたんですけど、なんか今日ふと気付いたんです。もう十年以上前から音楽ライターに嫉妬してる。たぶん雑誌で読んだB'zのライブレポートだったと思う。自分も観たあのライブの感動を、なんでこうも多彩なボキャブラリーで…

70 好運気は良いことがあるだけじゃなく核心的な弱点を知って一度死ぬという前進をもたらすこともある

手記 裏垢と当記事においての加筆2018.10.25自分の話が尽くないがしろにされる家庭で育ち「自分の話は聞いてもらえないし他人にとって価値も影響力もない」という考えが染み付いているため、人はいるだけで他人に影響を与えるという世界的に当たり前の事実を…

69 滝沢秀明がカッコいいからあだ名を返上したかった

タッキー&翼が解散したとのことです。滝沢秀明という人は昔からカッコいい。 小学生の頃、友達と遊んで帰ってきたくらいの時間にジャニーズJr.の番組をやっていた。 滝沢秀明はそれに出ていたのだけど、その時点でもう相当にスターという風格があった。字体…

68 ゴキ帝の童貞キャッシュバック応募メールに綴った童貞喪失を逃したエピソード[全文]

タイトル通りなんですが結果として見事キャッシュバックをして頂きました。ゴキ帝さんありがとう! 別にそこに行けと言われたわけではないのですが、童貞限定エリアは最前なのに空いていてとても観やすかったです。白幡さんが印象に残った一言だけを発表しあ…

67 ゆるめるモ!さんチェキ会やってください

ほんとこれはまじで。他所のことは知らないんですが、最近のゆるめるモ!ってチェキ会なしが結構多い気がします。 スケジュールの都合、といってもチェキ会削ってまで入れるようなスケジュールなのか?とか対バン相手のライブ中にできるやん?とかそもそもス…

66 コンプレックスというやつをどうしたらいいのかという話

コンプレックスというやつをいかにどうするかという話。もっと突っ込んで言うと、それそのものはどうにもならないので、じゃあどうするかという話。人それぞれ大なり小なりコンプレックスってあると思います。そして他人のコンプレックスを聞いて「そんなこ…

65 人間アンプ

ある売れないバンドのギタリストの男が、たまたま立ち寄った楽器店で奇妙なアンプを見つける。妙なデザインで新品でもなさそうなのだが、人の大きさほどもある機材にもかかわらず不気味なほどに値段が安い。 店の主人は「触らないほうがいい、なんか気味が悪…

64 古参とは言われるけどおまいつというほど現場行ってるわけでもない自分が突然ゆるめるモ!のコールまとめを作ったわけ

ゆるめるモ!現場における古参と新規の大きな違いって、ライブにおける楽曲の持つスタンスがそのまま反映されてると思うんです。承前なきぶっ込みから本日はスタートします。 ここ最近の楽曲は「初見でもみんなで楽しめる」がテーゼのひとつになっていると思…

63 dotstokyoが時代を折り返す[Remix] for Tokyo_in_Picture

「絵画のように生まれ、映画みたいに生きた、まるで彼女は、彼女の生き写しだ」 (・・・・・・・・・5thワンマンライブ「Tokyo_in_Picture」フライヤーより)(演出家によって)表現されることで姿が立ち上がり、演じる彼女は、まるでTwitterやYouTubeで見かけ…

62 『秘密の花園』

RooTS Vol.5「秘密の花園」 作・唐十郎 演出・福原充則 他人のススメで観たり聴いたりとかそこまでしない人なのですが、話を聞いてからなんだか無性に気になってチケットを買って観てきました。 唐十郎作品を観るのは初めてです。福原充則演出は7年ほど前に…

61 インフルエンザでもみあげが大変だった

ここ何年かのインフル、熱がそんなに高くならないと聞いたのでそれ以外の症状で判断するようにしてます。風邪っぽいとかなかなか熱が下がらないとかお腹下してるとか頭痛いとかありますが、一番の決め手は「どこをどう使ったらそんなとこ痛くなるんだよ」と…

60 ・・・・・・・・・の曲に別詞を書いてみたので解説

定期公演で・ちゃんたちが持ち曲に別歌詞を書く企画。便乗して2曲ほど書いてnoteに公開している。 動機はふたつある。「曲に言葉を乗せる」という楽曲との向き合い方をメンバーと同様のテーマで行い経験をシェアすることで内側からドッツを感じてみようとし…

59 音楽はスピーカーで聴くのがいいよな

期間限定フリーダウンロードという畏れ多いクリスマスプレゼントを投げ放った・・・・・・・・・、1stフルアルバムとなる「 」は音楽の聴き方の襟を正してくれるアルバムでもあった。ライブアイドルシーンにおいて重要なのは音圧だった。 ライブにおいてCD音…

58 猫2

うちには猫2匹おりまして。どちらも子猫の頃に拾われてきたのだけど、上の子がオスで下の子がメス。どちらももう13,4歳とかになります。下の子は野良上がりで警戒心がなかなか抜けなくて、大人しく抱かれてなかったりあんまりリラックスした表情見せなかっ…

57 膨張

noteに載せようとした詩ですがなんか特定の人のことを想って書くと恥ずかしすぎてだめですねこっちに載せますね - あなたが好きな歌 僕にも響くから 教えてくれたでしょ だから思い出すんだ いま 一人で何度でもステージを観に行くけど あなたを片隅で思い出…

56 劇場版ゴキゲン帝国「インディーズベスト」の忌憚なきレビューを書いてみた(前編)

アイドルグループ・劇場版ゴキゲン帝国が1年余の活動の果てに待望のフルアルバムをリリースする。 劇場版ゴキゲン帝国というのはすさまじくゴキゲンな人たちのことである。 CDリリースは11月22日だが、iTunesほか各社配信サイトでは既に先行配信が行われてい…

55 お別れ

誰にもどうにもできないことってありますよね。知ってる人が亡くなりました。3週間ほど前になりますかね。 わかる人はわかると思うのでまぁそのつもりで読んでいてください。デリケートな話なのですごく抽象的な文章になります。果物でいうと香りを遮断した…

54 タイトラー

仮であり続けた(おそらく永遠にそのままかと思われたブログタイトル)が「エアMC」に決まりました。バンドマンになったつもりで語るのでしょう。そしてそんな感じは1回で飽きるのでしょう。元のタイトルの「綺麗な動物」というフレーズは、吉井和哉の「Born」…

53 dotstokyoが時代を折り返す

でんぱ組.inc以降の''個性派王道世代''に逆行する形で、グループでありながらも元祖王道に立ち返ったのがdotstokyoというグループ。だと思う。←とりあえず指針として書いたけど挟むところを見つけられなかったので文章の一部の要約ってことにするdotstokyoと…