読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24 死識

死の意識とは。
埋もれそうな気持ち。世の中に取り残される。ストリームに乗り遅れる。
理由がないと繋がりを保てない。仕事をしている、だとか。
生々しい未来の想像はおぞましい。

人に関心が無いとは本当にそうかもしれない。人のことを訊くことが本当に苦手である。たまにそういうことが口から出るとき、ものすごいエネルギーを使っている。
それかもしかしたら人のことを訊くのが怖いのかもしれない。訊くことで軽蔑されるのではないか、不快感を与えるのではないか。など。

まっとうに生きてる人にこの感覚を与えてみたら地獄みたいだと言うだろうが、これが平坦になってしまっている自分の神経麻痺は心底おぞましい。