読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25 ゆるめるモ!のワンマンに頭が追いついてない話

原点回帰

ゆるめるモ!
WE ARE A ROCK FESTIVAL TOUR FINAL -Return To ZERO-

手放しで賞賛していいライブかと言われると、どうも首の動きが小さく小さく小さく縦横無尽になる。なんだか少し困惑している。
ゆるめるモ!の向かう先はどこなのか。届けたい''音楽''のその実とは何なのか。

これは一ファンの戯言であり、参考になる要素は微塵もなく、ライブを最高に楽しんだ人たちには水を差す記事でしかないかもしれないし、全開の主観による勝手な物言いに過ぎないことを念頭に置いてこの先は読んでほしい。
メンバーはむしろ読まないほうがいいかもしれない。2ちゃんねると同じで、良い意見をひとつ聞くために見当違いな批評をいくつも見るかもしれない。あとすげー長い。メモ帳3件分。

とりあえずはライブレポートの体を取る。
この先書き進めていくなかでどうなるかは自分でもよくわからないが、結論だけ先に言っておけば自分は他界することはないし末永くゆるめるモ!の応援を続けていくのだと思う。その上でしかし脳内に渦潮が多発しているのでこんな形で書いている。

とはいえこれはもわっとした霞に紙を押し付けてその実を書面に残そうとする行為に等しく、こんなふわっとした意見・見解に価値があるかと言われれば甚だ疑問だし、なんならこの長い前置きでうんざりして読むのを後回しにした挙句そのまま忘れてほしいくらいかもしれない。免罪符はここまで。あとは勝手なことばかりひたすら書くので以後よろしく哀愁。お前は何歳だ。そしてなんとも卑屈な前置きだなァ、オイ。







全曲バンド編成という形で、「第一章総集編」と銘打ちフルオケでの全曲ライブとなった新木場ワンマンとは当然のごとくまるで違うライブになった。
メンバーによる演奏もあり(ローファイではあるもののバンドとしての出来は2年前のリキッドでの演奏披露とは一線を画すものであった)、バックバンドも含めたバンドとしての「ゆるめるモ!」の姿を提示してみせた。

セットリストは下記の通り。

1.ゆるトロ(4mation Remix)
2.逃げろ!!
3.はみだしパラダイス
4.めんどいしんどいPUNKするか
5.よいよい
6.SUN SUN SUN
7.サマーボカン
8.あさだ ※
9.ぺけぺけ ※
10.KAWAIIハードコア銀河 ※
11.ナイトハイキング ※
12.人間は少し不真面目
13.もっとも美しいもの
14.OO(ラブ)
15.ゆるビスタ!
16.ギザギザフリーダム
17.Hamidasumo!
18.スキヤキ
19.たびのしたく
20.Only You
21.id アイドル

En1.SWEET ESCAPE ※※
En2.manual of 東京 girl 現代史
En3.なつ おん ぶるー

※…メンバーによる生演奏
※※…バックバンドにメンバーを加えた全員による生演奏

のっけからいつかのワンマンレポートで誤記されていた「ゆるトロ(slo-モ!)」の生演奏がついに実現する。音出しをハシダさんが行うのもこの目で見た。
後々関係者がツイートしたところによると、正式な表記は不明ながら「4mation Remix」というニューバージョンであることが判明した。バンドの演奏も加わり、メンバーの名前をコールする箇所もあるらしい。いつものゆるトロかと思ってたから気がつかなかった。しかし確かに尺が変わっていたのは覚えている。


オープニングを飾る「逃げろ!!」で既にフロアはぐちゃぐちゃに。
''原点回帰''を掲げる上で何を選曲するのかは非常に気になるところであった。リキッドルームをその場に選んだことから「Majiwaranai CAts」(※2年前のリキッドワンマンの1曲目)か、ゆるめるモ!のすべてとすら言えるサイネージソング「逃げろ!!」か、と予想していたところで後者が来た。
ミニアルバム「WE ARE A ROCK FESTIVAL」を引っ提げてのツアーのファイナルであったが、なんと収録曲のほとんどをセトリの前半で消費している。単なるリリースツアーでないという、その意気込みが伝わる選曲となっていた。

メンバーによるバンド(以下、ゆるバンド)演奏で披露された「ナイトハイキング」では照明を極力落とし、蓄光仕様となっていたリストバンド(※入場時に配布、ロックフェスを彷彿とさせるプラスチック製のもの)を観客に掲げさせ、幻想的な星空をフロアに演出する。元々が名曲だが、ゆるバンドアレンジも秀逸な出来であった。
お楽しみ要素の範囲を超えて、ローファイ・バンドではあるものの4人の濃厚かつ混ざり合わない個性が音にも現れ共鳴、独自のグルーヴを生み出しつつある。本来ゆるめるモ!はスタートからここに来たかったのかもしれない、とほのかに感じた。
これまでにゆるバンドで演奏されていた「ゆるゼロ」や「リキッドルーモ!」といったゆるバンド用楽曲は披露されず(リキッドルーモ!やんなかったなそういえば…)、既発楽曲からのしかもニクい選曲もまた今後への気概を感じさせる。

今回のバックバンドは母体は変わらず箱庭の室内楽であるものの、これまでのワンマンライブのような大所帯編成ではなく最小限のシンプルな構成。
エモーショナルに展開してゆく大作シューゲイズ・ロックバラード「人間は少し不真面目」で見せたグルーヴは原曲の力を差っ引いても感動的ですらあった。前半のハイライトである。

続く「もっとも美しいもの」はギターによるノイズテイストを付加したアレンジに。
ex.スーパーカーのナカコーによるこの楽曲は、ナカコーが8時間ほどもスタジオに篭もり、さながら研究者のように低音を徹底的に作り込み、ライブハウスで鳴らしたときに立体的な音像になるように製作されたのだという。イヤホン・ヘッドフォンや部屋で鳴らす程度のスピーカーではこのサウンドの全貌は味わえないわけだ。
その点を考慮すると今回のアレンジは挑戦的で面白かったが、オケで鳴らされているベース音の音像がぼやけ少し残念でもあった。
フルオケのライブでじっくり聴くとパートごとに音の形が違うのがよくわかるので、いつもケチャに心を込めて観ている方は一度何もせずただ聴き入ってみてほしい。
しかしながら終盤にかけてのバンドサウンドとの融合はかなりのエモさを見せた。Zeppのバンドver.初披露からバンドアレンジは原曲トラックに対する「足し算」となっているが、足し引きのメリハリや繊細さが追求されることで深化してゆく可能性を秘めている楽曲。

「OO(ラブ)」「ゆるビスタ!」とゆるめるモ!屈指の美しい楽曲達が並ぶこのパートを経て、ライブは後半戦に突入する。

「Fredom Melody~」の大合唱を煽るここ最近の起爆剤的に利用されてるっぽい楽曲「ギザギザフリーダム」、メンバーが煽るコールを無視して好き勝手「イェッタイガー!」連呼などやってる人達もいたが、なんだかこの自由度があまり気持ちの良い温度差には思えず、会話が噛み合っていないかのような寂しさを感じてしまった。クレバスが見え隠れした。
楽しみ方は自由だが、メンバーがやってって言ってることくらいやったれよ、と思う。今回に限らずたまにこういうことはある。メンバーの盛り上げようという努力を茶化しているように見えてしまってどうもあのノリは苦手だ。ミニアルバムの中でもとりわけ好きな楽曲だっただけに残念。

「Hamidasumo!」「スキヤキ」、ライブでも定番のアッパーチューン&ミニマルダンスナンバーで過去に幾度も生演奏されているのだが、演奏面で不満が残った2曲である。
バンド演奏による「Hamidasumo!」のライブテイクを良いと思ったことが実は一度もない。とにかくギターの音量が小さい。ましてや(今回は違ったが)cinemastaffの三島想平さんがベースで参加した際には三島さんの出音が圧倒的すぎてギターの音がすべてかき消される。リリースされるライブ音源のミックスの問題かと思ったが、実際のライブ(最初の検証はZepp DiverCityワンマン)で耳を済ませてもやはりギターが小さすぎる。完全生演奏化したZepp DiverCity公演ではより顕著となり、シーケンスで原曲のギターテイクを重ねて流していたと思われる赤坂ブリッツワンマンのほうが幾分マシというレベルである。ベースとシーケンスの電子音リフくらいしかまともに聴こえてない。
「スキヤキ」に関してはシンプルに、やはり三島さんでないとパワー不足、という印象を受けてしまった。本来、サウンド面では凶悪なまでに腹に響くベースとバスドラのミニマルなグルーヴがたまらない一曲である。


ゆるめるモ!は、元々曲の良さに着目しそれをメインで''聴く''ことを楽しむ''楽曲派''というオタクの種を示す言葉を自ら名乗るレベルで楽曲にこだわっていることが特徴のひとつ。そのディレクションに興味を示し、様々なミュージシャンが楽曲を提供してきた。
本当に幅広い層から楽曲提供を受けていて、それを1人のバンマスが取り仕切ってひとつのライブを構築する。ミュージシャンは各々キャリアや思考によって音に対する考え方や取り組み方、経験したステージの規模やスキルもまるで違うわけで、それこそライブでの出音なんかも全然違うわけで。
で、楽曲派アイドルグループなだけあってどの楽曲も録音のクオリティが高い。当然ライブハウスで鳴らせば極上の体感。
さらにバンドとアイドルの差、それはフルオケでライブをすることが許されているということ。

これ、何が言いたいかっていうと、、、うーん……原曲以上の再現ができないならバンドセットでやる意味ないんじゃね…?っていう。「Hamidasumo!」なんかはこう言っちゃ悪いですけど原曲の旨味を出し切れてないなあ、と思いますし。。
バックバンドの母体が箱庭の室内楽だからかハシダさんが書いてる曲は気持ち良く聴けるんですが、松坂さんやハヤシさん(POLYSICS)楽曲の再現やアレンジには苦戦してるように思えてしまいます。「生きろ!!」が生演奏レパートリーに一度も入っていない点でも邪推してしまう。
「生きろ!!」「転がれ!!」「はみだしパラダイス」「ゆるビスタ!」で痛快なギターを聴かせている藤井健太郎さんをリードギターに迎えるだけでサウンド面の問題はほぼほぼクリアできる気もしますがそこはまあ諸々各々の都合があると思いますので。。

反面、「たびのしたく」なんかは圧巻の迫力で、何がこの差を生んでるのか結局のところよくわからなくなる。
ちなみにラストの振付から繋げて「Only You」にパキッと切り替わるのだが、「はあああああああああああ」と来たものだから「Majiwaranai CAts」かと思った。ちょっとだけ遅くなってたから余計にそう思った。あれもうそんな終盤だっけ、となったがそのボリュームから終盤感とかわからないことがあるのもゆるめるモ!にはよくあること。

とりあえずでも本当に言いたいことはバンドのクオリティどうこうではなくてですね。。。ここまで来たらもう少し我慢してください。

アンコールで披露された「SWEET ESCAPE」、これが間違いなく今回のハイライトとなった1曲。
歴史を辿れば元は2013年リリースの1st EP「New Escape Underground」(※「HELLO WORLD EP」はシングル)にNEU!のオマージュとして収録された10分にも及ぶ怪作。実はプロデューサーの田家さんが歌詞を手掛けている。その長さゆえに振付の披露まで3ヶ月掛かったというエピソードも。
2014年、箱庭の室内楽とコラボレーションしミニアルバム「箱めるモ!」をリリース。これを機に行われた対バンライブではステージでもコラボ。バンドはこの楽曲にノイズという新たな提案をする。
後に世界的ノイズバンド・非常階段とも同曲をパフォーマンス。以降バンド編成による大規模なワンマンでは非常階段のJOJO広重氏をゲストに迎えたノイズアレンジが定番となり、このノイズミュージックとの融合を以て完成された曲と言っていい。

一方、先の新木場ワンマンでは初披露以降日の目を見ることがほとんど無かった、アウトロで制服のような衣装をメンバー同士が剥ぎ取りあい、最後に黒のワンピース一枚だけになるという演出が再現された。己の中身を晒け出す意味合いがあり、衣装もこの演出専用のものである。

今回のリキッドルームではバックバンドに加えメンバー全員が演奏参加するという特別編成での披露となった。
Zepp DiverCity公演での洗練された演奏とは一転、ローファイながらも熱量と衝動を感じる重厚なパフォーマンスはジャンクながらも強烈に叩きつけられる。
途中さささがドラムスティックを借りけちょんと一緒にシンバルを叩いたり、アウトロではハシダさんのギターとベースを交換しあのちゃんと背中合わせでギターバトルを展開するなど、奔放かつ陶酔的なロックショーが行われていた。赤い照明もナチュラルにステージを照らす。
''ロックバンド''ゆるめるモ!の姿がそこにはあった。本当にカッコ良かった。1曲だけ映像化・音源化されるとかになったら間違いなくこのライブテイクを熱望する。

本当にカッコ良かった。本当に。本当に熱いステージだった。
……でも待てよ、って話である。
「この曲が決意表明」だとなぴちゃんは言っていたが、この「SWEET ESCAPE」から察するに、今後のゆるめるモ!はバンドになるということなのだろうか…?という話。

「WE ARE A ROCK FESTIVAL」はロックフェスをテーマにしたコンセプト・ミニアルバムである。屋外のフェスが映える熱く、あるいは陽射しや夜風の心地良さを感じられる楽曲達が収められている夏にピッタリの一枚。これさえあれば引きこもりでもおうちで夏フェスができる!という傑作である。

これが今後の方向性です!なのか、これはコンセプトアルバムなので次作はまた従来のゆるめるモ!らしく色々やります、なのか。
期待したいのは後者なのだけど、もう誰も抜けることはないだろうと思われていたこのグループから、振付師兼エースかつグループのアイコンアイドルとして重要な役割を果たしてきたもねと、最年少ながら独特の歌声とその歌唱力で楽曲を支えてきたちーぼうが卒業するという衝撃的な展開を迎えた上半期。
今後ゆるめるモ!が向かう方向はあくまでもアーティストとしての、バンドとしての音楽の追求なのだろうか、と。

「Hamidasumo!」にしても「スキヤキ」にしても、それならそれでアレンジといえばそれまでだし、再現しきれないジャンク味もテイストとして受け入れられる。
ただ高品質なトラックを提供してきたゆるめるモ!が今になってやることなのか?との疑問も残る。

自主製作の最高峰、稀代の名盤となった2ndフルアルバム「YOU ARE THE WORLD」を聴いて、今後は多少コアなファンを差し置いてもよりポップな方向に舵を取るものかと思っていた。
ゆるめるモ!の核は「逃げろ!!」であり、裏テーマ曲とも言える「私へ」であり、各曲に一貫して描かれている「自分を大事に」という主題を、世界のどこかで窮屈な思いをして苦しんでいる人達に届け救ってゆく、そういうことだと思っている。なんせ「YOU ARE THE WORLD」の1曲目「モモモモモモ!世世世世世世!」を以てゆるめるモ!はその役割を担ったヒーローに正式になったのだから。

そういう意味ではでんぱ組.incがブレイクしたある時期から客層を「弱い人」から「強い人」に切り替えたように(メジャークラスで''売れた''といえるステージに上がるには必須の路線変更なのかもしれない)、そこをゆるめるモ!は「フェス」というコンセプトを用いて器用に舵取りを行おうとしているように見えて(なんせ「弱い人」を客層から切り捨てたら、ゆるめるモ!ではなくなる)、好意的に受け止めることができた。

それらのことを踏まえると、ローファイでジャンクな旨味を聴かせたリキッドのライブは、より広域なステージへ行くというよりも、本当にタイトル通り''ZEROに戻''って、その上で違う道を行こうとしているようにも見えた。地下世界独特の雑多な味、泥臭さ、そこからまたはじめようとしているような。
アイドルとしての華すらも捨てようとしているような、インディーズバンドとして再起しようとしているような。

事実、今回のライブ演出は本当にシンプルだった。
オーラスの「なつ おん ぶるー」こそ恒例の(グループカラーの黒+旧メンバー分もすべて含めたメンバーカラーの)カラー風船と数多のビーチバルーンがフロアを舞ったが、映像や特殊な照明なども使用されず、アイドルのライブにしてはずいぶんと殺風景だな、と思ってしまった。

メンバーの魅力・スキル共に以前とは比べ物にならないほど向上している。ステージオーラもある。
ただ、アイドル・エンターテイメントとしてはあまりにも泥臭すぎやしないかと思った。
ゆるめるモ!サイドがバンドだとかロックアーティストとしてやりたくても、お客さんはあくまでアイドルのお客さんなのだ。その齟齬を感じたことはこれまでにも多々ある。もちろん音楽好きなオタクが多い現場なのも確かだが、根本を今から立て直すつもりなのか?と少し困惑もしている。

それに、ゆるめるモ!のテーマ性からして、バンドの迫力で音楽をやっていくことが果たして正解だろうか。真髄となる歌詞がなに言ってるかわからなくてもサウンドで圧倒して熱狂を巻き起こせばいいのだろうか。
音のバランスが精査されたハイクオリティなオケに乗せて、歌を届ける力を磨いてくれたほうが、なんならアコースティックやリーディングでじっくり歌や歌詞を聴きたいと思うこともある。

圧巻だった「SWEET ESCAPE」、ニューウェーブ的な姿勢に決して砕けない鋼鉄の芯を通すことを宣言するかのような頼もしく嬉しいパフォーマンスだった。
ただその上で、ゆるめるモ!がやりたいことがどこまでファンと共有され、どれだけ同じ方向を向けているんだろう?という疑問にも苛まれている。

最近あまり行けてないからわからないだけなのかもしれない。でもだとしたらそれだけでわからなくなるくらいのものなのかとも思うし。。

より広いフィールドに出るべき時によりコアな方向に行ってしまうんじゃないかという不安と、逆にコアな方向に進んだほうがかえって広いところに出れる策があるのかとも期待できる。
メンバーのことも運営チームも信頼してるから、これからのゆるめるモ!を見守る中で答えを探すしかないのだけど。


……ちょっと予想外の動きをされたり今まで観てきたゆるめるモ!とだいぶ違う感じだったので今後どうなるねんわからへんオロオロ… ってなってるっていうお話になりました。。
少なくとも9月に新宿ロフトで見た4人の姿は圧倒的なカッコよさで、この時点であれだけのものを見せてくれたのだから、そしてリキッドではあの「SWEET ESCAPE」を見せつけてくれたのだから、きっと何かを成してくれるんだと信じています。