53 dotstokyoが時代を折り返す

でんぱ組.inc以降の''個性派王道世代''に逆行する形で、グループでありながらも元祖王道に立ち返ったのがdotstokyoというグループ。だと思う。←とりあえず指針として書いたけど挟むところを見つけられなかったので文章の一部の要約ってことにする

dotstokyoと呼ばれるアイドルグループを、彼女らの2ndワンマンライブ@新宿SAMURAIにて初観測した。

そもそも縁があって知ってはいたのだが、1stワンマンを体調不良で観逃し、その4日後にまさかの2ndワンマンをやるというのでここぞとばかりに行ってみた感じである。

【承前】少なくともこの文章を書きはじめた時点でdotstokyoのコンセプトに関してのリサーチとそれに伴う考察はしていない。音源だって聴く前の文章だ。ただ1度ライブを観て、それだけで思ったことをひたすら書き殴っている。
公開してる時点では7inchレコードも聴いていたりするのだけどちゃんと初期衝動を思い出しながら続きを書いたりなどしている。


dotstokyoというテクノロジーアート集団のような名称はあくまで呼称でしかなく、正式名称は「・・・・・・・・・」という。
正式な読みはなく、ある程度通っている通称がいくつかあったり、あるいは触れた人が各々好きに呼ぶ。このナカグロはブラックボックスのようでもあり、あるいは無言のモノローグにも見える。そして一度観てしまえば、名称を与えることすら無粋であるということに気付かされる。

プロデュースチームをも含めた彼女らという集団は、個々であり概念でもあり、そして立ちあげるものは他ならぬ''王道感''のあるステージ。
この''王道感''をいかにして正当な形容にするかについても言葉を尽くさなくてはならない。絶対的に''王道''と感じたが、それがなにゆえなのか左脳が追いついていない状況が先のライブから数日のあいだ続いていた。
なんかよくわかんないけどマジ王道やん!って思ったって話。で、それなんなんっていう。なにも知らずに見た人のそれなりの割合が思うんじゃないだろうか。マーベルと日本のアイドルカルチャーがコラボしたようなSFじみたビジュアルなのに、それと反比例するほど突き抜けて王道じゃないか、どういうことだ、説明を要求する!と昭和の漫画なら言われそうだ。

彼女らのステージは、アート的な手法を用いて概念的なアイドルを具象表現するインスタレーションにも見える。概念化された「アイドル」を表現するプロジェクトと言われても得心がいく。現代アートの美術館に展示されていそうだ。例えば展示室の一室で盆踊りをやってのけた森美術館でのパフォーマンスなど想像に容易い。いつかやってくれ。

しかしそれでいてライブ会場の様子はと言えば、物静かな足取りに緊張の糸を張り巡らせた顔つきと、その眼差しの奥にある脳で無限の哲学を繰り返すアートに毒されたピンキリの審美眼を剥き出しにした来場客達の往来……ではなく、他のアイドルのライブ会場となんら変わりなく、アイドルとファンによる興奮と熱狂のライブが繰り広げられている。……あーこれはそう、ここまではまだ先入観と期待的偏見、そしてその乖離について話している。わけわかんないこと言ってるけどイメージとのギャップってことな。簡単に言えることを難しく言おうとするやつは馬鹿か文字数稼ぎが文章力とか思ってるセコい奴だから信用しちゃいけないよ。OK?では続けよう。

目隠しというビジュアルにまず衝撃を受ける、というのが多くの人にとってドッツとの出逢いの形だろう。アイドルなのに眼差しが読み取れない。これではかの大瀧詠一をしても「僕は照れて愛の言葉が言えず 君は目隠し眼差しを読み取れない」と男完敗の様相を甘んじて受け止めるしかない。書き手のダンディズムも形無しである。オタクはどうする?(*´・д・)ナーニイッテンダーオマエ

会場までの移動中や仲の良いアイドルとのプライベートでさえも外さないという徹底されたこの目隠しの装飾によってドッツがもたらすものは、''アイドルの記号化''ではないかと自分は感じている。メンバーのひとりひとりが表現として立ち上がっているように見える。全員が全員''あるアイドルの肖像''であるかのようだ。なおこの「ある」が指す具体的な人物はいない。それは観た人が垣間見得る個性や顔立ち・背格好に各々投影する存在である。

目は口ほどにものを言う、とは古くからある言葉。実際目の動きは心理に大いに影響されるという。意志の強さも迷いも弱気も緊張も脱力も目つきに現れる。心を開いた相手には瞳孔が開くそうで、これについては自律神経の働きであるため自分では絶対にコントロールできないそうだ。
誰かの心を読み取り感じたいとき、その人の目を見るだろう。その目を隠してしまうことは表情・心理に遮光カーテンをかけることにほかならない。どこまでコミュニケーションを取り続けても最後の最後、一番奥で壁にぶちあたる。いわば心的な他己理解の竜骨を削ぎ落とされてしまった彼女らは、わずかに残された体と顔の筋肉、そしてその言葉と口調の色彩をもってのみ自己を表出する。まぁ目隠されるとその人のことよくわかんなくなるよねって話で、でもそれこそが''アイドルの記号化''をワンアイテムでなし得たギミックなのではないかなと。

思えば地下アイドルの世界に大きな革新をもたらしたのは、2012年にライブ披露され、2013年の幕開けと共に世に放たれたでんぱ組.incの「W.W.D」だと思っている。予め言っておくと自分は2012年にでんぱ組.incのライブを見てアイドルの世界に踏み込んだので、それ以前については全くと言っていいほどわかっていない。しかしながら以降のアイドルビジネスの形をつまみ食い程度にも見ていると、おおよそこれがそこまで的外れではないのでは……と思える。という個人的感覚を承前としてこの先も進めてゆく。まぁ別に出版物でもないのだからこんな言い訳をしなくとも好き勝手言えばいいのだけどな……ブログだし。

承前長い。でんぱ組.incは出来すぎかってくらい壮大な個々と互いのリンクしたストーリーがあり、それはグループ活動と共に大きなドラマを生み続けることになった。
件の「W.W.D」は、製作を手がけたヒャダインが引きこもりやネガティブのひどいメンバーの更生のために仕掛けた、数人分の人生と心の命を賭けた大博打だった。そしてその成功はアイドル界の住環境を引っかき回す巨大な渦潮となったようなそんなようなそんな感じだと思う。

以降、地下アイドルに関していえば人間的な個性の掘り下げを求められるようになったのではないかと思う。
AKB48の「会いに行けるアイドル」というコンセプトがやがてアイドル業界全体を染め上げ、今やライブ時間より接触イベントに割かれる時間のほうが長いというのが当たり前になっている。
そうなってくるとメンバーの人気を左右するのが本人の人間的魅力。もっと言うと、ステージで良いパフォーマンスをするばかりが必ずしも人気のバロメーターにはなりえないという可能性が比率としてやや大きくなっているかもしれない。
「面白い個性やバックグラウンドにフォーカスする」というスタイルから例えば「IDOL AND READ」というアイドルオンリーで1on1の長文インタビュー集が刊行されたり、人間性をやたらと掘り下げる手法からなんだかんだ賛否両論ある講談社主催の「ミスiD」というオーディションも地下アイドルとは関わりが深い。

ひたすら当たり前のことを書き続けているような気分になってくるが、やはり思い直したい。がんばれ。
そもそも日本文化の中でアイドルの元祖とは昭和歌謡の中から生まれたものだ。たぶんそうだ。正確には「アイドル的人気を博した歌手」だが、世間一般の文脈ではアイドルとして語られている。
昭和のアイドルといえば、純潔なイメージを保つことがなにより優先されていたという印象が強いのではないだろうか。「う○こはしません」みたいなことである。極端な例では海外とのマネジメント契約下でのプリンセス天功なんかと同じである。彼女は寝るときの服装まで契約で決められているそうだ。パジャマを着たくてもネグリジェしか着れないとかなんとか。えろ。

とかくプライベートに関しては秘密主義のオンパレードだった印象がある。生い立ちやバイトの話などするはずもなく、明らかに庶民とは別次元の存在としてプロダクトされていたし、そうあることがアイドルの条件だった。
時代の合間に台頭した「モーニング娘。」を筆頭とするハロープロジェクトについても触れる必要が本来はあるのだが、全く通っていないので触れない。初めてギターを触る人間にレガート奏法ができないのと同じことだ。ただなんとなく人間的であることに関してはゆるかったと思う。というか若干ヤンキーっぽかったし庶民派といえばそうだったのかもしれない。

なにが言いたいかと言うと、dotstokyoは個性派グループアイドル時代も安定期になって久しい雰囲気の地下アイドルの文脈に生を受けながら、古典的な秘匿性の高いアイドルのストリームに突っ込もうとしているように見えるのだ。だから''王道''に見えるのだ。たぶん。もっといろいろあるんだろうけどほんとは。

ライブの話をする。

1曲目からメンバーが歌わず初音ミクが歌いだすパートが登場するなどした。観る以前に既に''テクノロジー系現代アートインスタレーション''みたいなイメージがあったので、まさにピタリとハマったといったところ。視界の色味を鮮やかにされるような、そして鋭角的な驚きを得た。初音ミクはかつて森美術館の企画展「LOVE展」で最もフィーチャーされていた展示物のひとつでもある。

シューゲイザーサウンドの気持ちよさに乗せて、かわいらしくもどこか健気な歌声を聴かせながら舞い踊る姿には確かな訓練の成果が感じられる。それでいてありえないほどバッキバキのサウンド・変拍子・構成で脳髄が破裂しそうになるインストゥルメンタル(てかもうリミックスだよあれは)もパフォーマンスするのだが、キレよく完璧に踊りこなしその中にあっても惜しみなく愛嬌も見せる姿は、誰がなにを言おうとも完全に''アイドル''だった。
曲中に「あっち向いてホイ」をする場面もあった。グループをよく知っていそうな人から笑いが起こっていたから「完全な決め事」ではないのだろう。演出に流動性や偶発性があるのだと思った。

他にも舞台上の「第四の壁」など意に介さんとばかりにバラバラな方向を向いて踊ったり、しっとりとした曲ではメンバーが決まった立ち位置から動かず(ある者は小道具を手に、ある者は曲の間ずっと背を向けていた)最後まで歌いきっていた。
こうした魅せ方はきっと360℃解放のステージでこそ生きると思う。観る場所によって様々な哲学や''愛で''が生まれるだろう。まだ様々な考察と観察*1の可能性を秘めている。

絶え間なく訪れる驚きと熱気と神秘性に満ちたパフォーマンスを前にしていろいろ考えながら観察をひたすら続けていたが、最後のほうになるともう気持ちよくエアギターを弾きながらMIXを打っている自分がいた。

実に熱く楽しいライブだった。観ていくうちに謎性すらもただ受け入れて純粋に楽しんでいたというか、少なくとも彼女らの秘匿性に心理的な意味での遮断性はなく、むしろオープンマインドなものを感じ取った。
哲学と発散の両極が共存するこの情報量の多さ。脳も身体も悦んでいる。アートだけを観ていても、あるいはアイドルだけを観ていても得られないものがどちらもその場にある。なんてお得なの!

その後はメンバーのトークが繰り広げられた。

いや、ゆるい… ゆるすぎる… 非常にぐだっている… あんなエッジの利いた(効いた)ライブをしたあとでこんなゆるいトークが展開されるとは… そのギャップがまた楽しくもある。
いろいろ隠してるなーという話をしたが、しかしそんな中でもメンバー個々のことを伝えようと様々な施策を取っていたりもする。
入場時にはメンバーが書いた自分たちを知ってもらうための冊子が配られたり、とりあえず「通称」っぽい呼び名もあることがわかった。
メンバー同士はとても仲睦まじく、なんというかいちいち絡みが可愛らしい。Twitterはメンバー共用でセルフリプで会話したりしている。なんとなく前衛的な雰囲気を垂れ流しにしているイメージがある中で、あのメンバーアカウントはとてもゆるく愉快だ。

だいたいこの文章を2週間半くらいかけてだらだら書いていたので、なんかもう疲れたしまとまりもないまま終わることにする。というかいまおなかが空いている。

このあとまさかの地元にdotstokyoがやってくる。なんてことだ。そっちを全力で楽しむべく、とりあえず初見の困惑などを取り急ぎここに残して両B面レコードを一回かけてから出かけようと思う。

*1:ちなみに彼女らはライブへの参戦を「観測」と呼んでいる。