80 ぴゅーぴるモ!(ゆるめるモ!研修生)について詳しく書きます。※2019.10.3追記

去る9/25、ゆるめるモ!研修生「ぴゅーぴるモ!」のお披露目イベントが行われました。

内容は、やけにハイテンションな田家さんがメンバーを一人一人紹介しトークを行うというもので、ライブこそなかったものの、一部のメンバーを除き歌声も聴くことができました。終演後には初の囲みチェキ会も行われ、メンバーとの初グリーティングも実現。この日撮りに行った人は紛れもなく最古参と言えるでしょう。

なぴちゃんやさささにも突っ込まれていましたが、田家さんがノリで進めていたためメンバーごとの時間配分もバラバラで、非常にルースな雰囲気でのメンバーお披露目となりましたが、結果として非常に楽しいイベントとなりました。

今回のブログではそんな研修生「ぴゅーぴるモ!」を紹介できればと思います。

長らく新メンバーを入れてこなかったゆるめるモ!の新メンバー候補生ということで*1、グループの発展に希望を見る方や、現メンバーの卒業の可能性を考えてしまう方、他の誰かに入ってほしくないと複雑な気持ちを抱える方もいると思います。

そんなあらゆる気持ちを抱えたすべての方に、とりあえず読んでみてほしいこのブログです。「ぴゅーぴるモ!」はつまり、「ゆるめるモ!の未来」そのものでもあるのです。

 

ぴゅーぴるモ!とは

元々は「ゆるめるモ!と一緒に世界を驚かせたい人」を募集する「サプライザー」という企画において、「メンバーになりたい!」という要望が殺到したために別途新メンバー応募枠を開設、その中から応募総数約1,200人という狭き門をくぐり抜け、「研修生」として選抜されたのが「ぴゅーぴるモ!」です。

 

「ぴゅーぴる=pupil」は「生徒」「弟子」といった意味の英単語で、さながら「弟子めるモ!」といったところでしょう。しかも「音楽家の弟子」というニュアンスを持つため、まさに楽曲派グループの筆頭としてシーンに多大な影響を与えてきたゆるめるモ!の研修生グループに相応しい名称と言えます。

今後どういった形で選ばれるかは不明ですが、この中から何人かがゆるめるモ!の新メンバーとして加入する可能性があります。(もちろん誰も加入しない可能性も)

 

昨年個人的に実施した田家さんとのトークイベントにて、メンバーの選考基準について田家さんは「変な煙が出ている感じの人」と語っていましたが、1,200人の中から選び抜かれたメンバーはさすがに一筋縄ではいかない個性を持った、それでいてとても可愛らしい子達が集まりました。

それでは、先日お披露目されたそのメンバーを紹介していきたいと思います。

 

メンバー

まる

f:id:rayblues:20190926092825j:image

誕生日:1月27日
血液型:A
趣味:アニメ、漫画を見ること
長所短所:短所…コミュ障なとこ
好きな食べ物:チョコ、甘いもの
好きな言葉:自由
好きなアーティスト:ゆるめるモ!
あなたがゆるまる瞬間は?:寝てるとき

アニメや漫画のオタク。黒執事や鬼滅の刃が好き。
小柄で鼻筋が高く、性格はとてもシャイですが、くしゃっとした笑顔がとてつもなく可愛いらしい。こういう笑顔にオタクは弱い。守ってあげたくなる。既に一部女ヲタからの熱烈なコールが起こっていました。
見かけによらず大人っぽい歌声の持ち主。披露してくれた「残酷な天使のテーゼ」が歌声によく合っていました。

公式プロフィールにもある通り、今回のメンバーの中で唯一ゆるめるモ!好きを公言しての研修生加入となりました。普通にゆるヲタトークを楽しむのもいいかも?
歌唱曲:高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」

 

ひぃ

f:id:rayblues:20190926092856j:image

誕生日:7月8日
血液型:A
趣味:音楽、お笑い、ギター、動画・画像加工、ゲーム、読書
長所短所:好きなことに真っ直ぐ/落ち込みやすい
好きな食べ物:お寿司、ラーメン
好きな言葉:またね
好きなアーティスト:スピッツ、キュウソ、エレカシ、KEYTALK、KingGnu、sumika、OKAMOTO'S、ハンブレッダーズ、Billie Eilish
あなたがゆるまる瞬間は?:家で音楽聴いてるときとコントとか漫才みてるとき

初っ端から「ぴぃ」と運営に誤植されてしまった子。
とても内気ながら、みんな裏で泣きそうになっていたという楽屋で、自己紹介のトップバッターに名乗りを上げるほどの気概の持ち主。
お笑い好きで、小学生の頃はクラスの「お笑い係」を務め、「Zカップ」というコンビを組み、頭の全面にひょっとこのお面をつけて阿修羅的なことをするなどとても愉快な存在だったようです。最近はジャルジャル、中川家らが出演するお笑いライブを横浜まで観に行ったとか。

バンド・お笑い好きということで現メンバーとの親和性がありそうな予感がします。
とてつもなく緊張していたものの、殻を破るとすごく頼もしいメンバーに成長しそうです。
歌唱曲:ブルーハーツ「情熱の薔薇」

 

しろみ

f:id:rayblues:20190926092915j:image

誕生日:6月28日
血液型:O
趣味:純喫茶・古本屋巡り、コンピュータ筐体鑑賞、爬虫類の飼育、昼寝
好きな食べ物:ジビエ料理
あなたがゆるまる瞬間は?:実家に帰省したとき

海外文学などを嗜み、楽屋でも1人本を読んでいたそうです。当日所持していたのはゲーテ「ファウスト」。そしてプロフィールにもありますが「コンピュータ筐体鑑賞」という小一時間お話を聞きたくなる不思議な趣味も…

大人びた顔立ち&知的なスタイルでこれまでのモ!にはいなかったタイプ。お披露目時はもう少し髪が伸びて外ハネカールがエレガントでした。絶対私服がおしゃれ。
受け答えがすごくしっかりしていて、研修生メンバーの中で最もお姉さん感があります。あのちゃんが話している時にふと彼女のほうを見てみたらものすごく真剣な顔つきで、傾聴姿勢にも好感が持てました。ちなみに食べ物や趣味などに偏愛の気があるそうです。
歌唱力がハンパないしっかり者。歌唱力担当が長らく不在だったゆるめるモ!にとって、今後大きな変化をもたらしてくれそうな子です。

この日披露してくれた「Yesterday」のアカペラは、これを聴けただけでも行った甲斐があった!と思うほど。発音も素晴らしいです。この歌声があって初めてできるようになる曲が必ずあるので、大いに期待していいと思います。個人的には「もっとも美しいもの」「スキヤキ」での歌唱が楽しみ。
歌唱曲:The Beatles「Yesterday」※アカペラ

 

うる
f:id:rayblues:20190926092936j:image

誕生日:5月26日
血液型:AB
好きな食べ物:コンビニスイーツ
好きな言葉:もちもち

生まれてからずっと変人と言われ続け、オーディションでも審査員に「変人」と書かれたのが見えたため、落ちたと思ったそうです。変人ぶりは田家さんのお墨付き。言われすぎてもう「勝手に言ってろ」という感じだそう。
「興味を持てることがない」とSNSもしなければテレビも見ず、なにもせず部屋にいることが多いとのこと。お披露目前日はなにもせずベッドにいるだけで終わったとか。
バイト先のお客さんの珍しい名前を自分のLINEユーザー名にしているなど不思議な言動が特徴的。歌はライブでのお楽しみということで当日の披露はありませんでした。
「うるちゃん」と呼んでほしいそう。あとチェキに来るときは穏やかな顔で来てほしいそうです。
歌唱曲:なし

 

ねるん
f:id:rayblues:20190926093002j:image

誕生日:4月4日
血液型:A型
好きな食べ物:マヨ、ピートロ、辛いの、ポテト
好きな言葉:おやすみなさい〜、はなまる満点
あなたがゆるまる瞬間は?:美容師さんにシャンプーしてもらっている瞬間

楽屋でも常に変な動きをしていて落ち着きがなく、また言っていることが2秒で矛盾したりとなにかと忙しい子。緊張しているのかあまり多くは語らずも、田家さんに「我が強い」「高倉健のように物言わず語るタイプ」であり、ぶつかられても動じないような気の強さがあると評されていました。
当日は白いリボンをつけていたのが印象的。ビジュアルは特段個性的というわけでもないながら、とても可愛いです。部活では「レベルの低いダンス」とバレーボールをゆる~くしていたそう。
ガッチガチではあったものの芯の強さが感じられたので、今後どんなパフォーマンスを見せてくれるのかが楽しみな1人です。

歌唱曲:なし

 

なに

f:id:rayblues:20190926093026j:image

誕生日:8月31日
血液型:O型っぽいって言われる
趣味:ゲーム実況を見ること。ゲームすること睡眠。
長所短所:げんき/うるさい
好きな食べ物:お肉
好きな言葉:なんか
好きなアーティスト:ハロー!プロジェクトさん
あなたがゆるまる瞬間は?:寝る体制に入った時 歌ってる時

アーティスト写真でもわかる通り弾けるような笑顔が印象的。喜びを素直にストレートに表現するので見ていて気持ちがいいです。当日は髪をおろして長めのボブでした。

ハロヲタ。アンジュルムが好きで、お披露目の前にライブに行ってきたそうです。
オタクが悪ノリで「なになに~?」と言いがち。*2 これについては「なんでもないです!」とのこと。自己紹介がすぐ作れそう。
道で歌ったり踊ったりしているところや牛丼屋のメニューを見ようとして踏み台昇降運動みたいになってしまったところをバイト先の店長に目撃されて言いふらされるなど、いくつかのネタエピソードを備えています。
質問をすると一言一言バシッと返ってくる、頼りがいがありそうな感じの子です。初音ミク曲のハイトーンもいける歌声を持ち、即戦力として期待できそうな逸材でした。
歌唱曲:石風呂「ゆるふわ樹海ガール」

 

???

実はもう1人メンバーがいるのですが、現在受験中とのこと。運営陣からの「今は受験に専念するように」との指示があり、遅れて合流するそうです。

ぴゅーぴるモ!は彼女(?)*3を含めて計7人となります。

 

Twitterアカウントは?

公式アカウント(@pplm_staff)が開設されています。

メンバー個別アカウントについてですが、レッツポコポコ*4の結成時と同様*5、一定期間は作成しないものと考えられます。

レッポコの場合は研修期間修了時にメンバー個別アカウントが開設されましたが、それと同時に活動を辞退するメンバーの卒業も発表され、また最終公演もないままの脱退となったため、非常にダメージが大きかったです。*6

このあたりは運営さん、なんとかしてください……という気持ち。個別アカウントあったほうが応援のモチベも上がりそうですが、いかがでしょうか?声が大きく上がれば実現するかも…?

 

今後について/筆者の気持ち的なもの

土日をメインにライブ活動を行っていくそうです。
10/4にはゆるめるモ!7周年記念イベントのオープニングアクトとしてライブデビュー、10/25には初の単独公演を開催予定とのこと。

 

ゆるめるモ!については今年結成7周年を迎え、唯一のオリジナルメンバーであるけちょん以外のメンバーについては加入6周年を既に迎えており、ステージ経験がないという研修生メンバーとは経験値の差が歴然です。(MCでの声量差からもそれは感じ取れました)
姉妹グループではなく本家ゆるめるモ!の研修生ということで、加入を目指すにあたりその経験値の差は並々ならぬ努力で埋めていかなければなりません。それにはやはり、研修生が「ぴゅーぴるモ!」という独立した名を冠しながらも、「ゆるめるモ!」と共にステージに立ち、対バンという形ではなく一緒にパフォーマンスをすることが必要不可欠だと思います。
一般的に、能力に差がある者同士が一緒に仕事をすると、レベルが低い方の能力が高い方に引き上げられると言われています。経験値の差を少しでも埋め、これからのゆるめるモ!を現メンバーの4人と作っていくためには、人間関係の構築も含めて共に切磋琢磨する経験がなにより必要ではないでしょうか。

既に今のメンバーが持たない魅力を発揮している研修生メンバーもいます。同じステージに立たせることで、ステージはより華やかになりファン目線では新鮮なライブを楽しめ、また研修生メンバーにとっては実際にゆるめるモ!に加入した時にぶつかる壁や見える景色がよりリアルに感じられることでしょう。

 

ぴゅーぴるモ!は、長年現状からのブレイクスルーを待ち続ける歯がゆい状況にいると言わざるを得ないゆるめるモ!を変える大きな転機になると考えています。
大きな変化というのは往々にして相応のストレスや時に痛みすらも伴うことがありますが、それを乗り越えて、今まで以上に大きな夢を見せてくれる新生「ゆるめるモ!」になってくれることを願って止みません。もちろん、現メンバーは全員残った上で。

正直、逸材揃いだと思っています。全員がゆるめるモ!に加入することはできないと思いますが、全員に対して大いに期待をしています。
彼女らが今の4人と共にゆるめるモ!の未来を作ってくれる存在であることは間違いありません。ともすれば、そんな研修生メンバーたちを盛り上げ、応援する。それこそがゆるめるモ!の将来に懸ける、ということになるのではないでしょうか。
種々様々、多様な想いや考えがあるとは思いますが、時期や歴は違えど、これまでのゆるめるモ!を応援し続けてきた同じ一ファンとして、彼女らを支え、グループの未来を応援してもらえたら嬉しいです。自分はめちゃくちゃ応援します。

 

追記(2019.10.3)

9月30日付けであのちゃんの脱退が発表されました。

種々様々な想いが各人にあると思います。それはファンにとっても、メンバーにとっても、研修生のみんなにとっても。1人では抱えきれない想いを誰もが消化しきれないまま過ごしていることと思います。それほどまでに彼女の存在は大きかった。

 

「今のゆるめるモ!」は「あのちゃんが遺してくれたもの」のひとつです。もちろん、旧メンバーであるのんちゃん、ゆみこーん、ざらす、もねちゃん、ちーちゃんが遺してくれたものでもあります。*7 彼女らがゆるめるモ!を作り上げてきてくれたことには感謝の念しかありません。

そして今、あのちゃんに対して自分が持ち合わせている想いは「ありがとう」という、ただ一言に尽きます。推しではないとはいえ、重ねた時間の分だけ思い出があります。ここまで来てくれたことを純粋な気持ちで讃え、見せてくれた景色に、与えてくれた想いに、深い感謝を抱き、影ながらその新しい旅路の栄光を願うのみです。

私が出来ること 行く道をみながら

飾りない君の背中押すことだけ そうだね

「Refresh Your Jewellery Box」

 

あのちゃんがグループを去った今、これからを作っていくのは残る3人と、ぴゅーぴるモ!のメンバーたちです。

自分はやはり、応援したい、応援してあげてほしい、と思うのです。もちろん、今回の件についてはどんな気持ちも否定されるべきではありません。あくまで一個人の意見として、ゆるめるモ!というグループを諦められない一ファンの意見として、これまでのメンバーが作ってきてくれたものを、これからのメンバーと共に守り、盛り上げ、今まで辿り着けなかったステージに手が届く未来を信じて、支えられたらなと思うのです。

 

残る3人についても、また誰かが辞めてもおかしくない状況にあることは否めない部分があります。大きな迷いと葛藤の中で、身を切るような想いで、まずは10月1日から一歩ずつ前に進もうとしているのだと思います。研修生メンバーにしてもそれは同じ部分があるのかもしれません。

それぞれに人生があり、離れることで自らの成長を選ぶ、というのもひとつの正解です。悲しい気持ちとはまた別に、尊重されるべき人生の選択なのです。各各の人生がより豊かで幸福なものになることを祈っています。

 

それでも残ってゆるめるモ!を続けてくれるメンバーがいるのなら、自分にできることは、この先の獣道を往く彼女らの道筋を信じて応援してゆく、それだけなのだと思っています。

 

「辛い時は逃げてもいい」

 

自分を大切にしてほしい、というメッセージを結成以来一貫して伝え続けているのがゆるめるモ!というグループです。凝り固まった頭と心と社会が不幸をのさばらせる世界をゆるめるために、誰もが生きていられるように、時には「破壊」という手段からの再構築を提唱してきたのがゆるめるモ!なのです。その思想に深い共感を覚えたのが自分にとってのはじまりでした。

このメッセージが広く世の中に浸透してくれたらいい、そのためにもっと売れてほしい。そう思い続けながらも、現実は歯がゆいことばかりで、舵を取る運営の航海力のなさにも、わざわざ泥舟を海に浮かべる頼り甲斐のなさにも、何度嫌気が差したかわかりません。メンバーのメンタリティだってプロとしてまだまだ一人前とは言えない部分が少なからずあります。ゆるめるモ!を構築する組織全体の未熟さが招いた「今」がここにある現実です。

 

それでも、ゆるめるモ!は諦めていない。前に進むための行動を起こし続けている。

大嵐からはじまる7周年。たどたどしくも撒き続けている希望の種の行く末に、まだまだ期待してみたいのだと、自分の心はそう言っているようなのです。

(じゃあ)傷を背負って道無き道を行く

(じゃあ)傷を背負って道無き道を行く

(じゃあ)傷を背負って道無き道を行く

(じゃあ)傷を背負って道無き道を行く

「ぺけぺけ」

 

*1:メンバー募集は実に6年ぶり。しふぉん、ようなぴ、あのらが加入して以降は卒業で人数が減るのみで、補充を一切行ってきませんでした。

*2:ガチ恋口上の合間に挟むにぎやかし。

*3:ぴゅーぴるモ!の募集要綱では、年齢・性別不問だそうです。

*4:ゆるめるモ!の妹分グループ。2018年解散。

*5:結成から3ヶ月は全メンバーが研修期間でした。

*6:推しが長文コメントひとつ残しさよならもできないままいなくなりました…

*7:先代水色のいっちーに関しては過去メンバーで唯一スペシャルサンクスに名前が載っておらず、あまり良い辞め方をしていなさそうなのでこの中に含めていいのかは判断に迷います。