97 blue moon risingとblue moon rising,______の話

「blue moon rising」というタイトルが目に付いた瞬間にその日の夜の予定は空けたし、他に予定が入らないことを祈っていた。

2018年夏の青山月見ル君想フに誘われ足を運んだtipToe.、当時通っていた・・・・・・・・・(dotstokyo)とも既に仲が良く名前はよく耳にしていたものの、なかなか自分が行く対バンで被らず観る機会に恵まれずにいたグループ。

そんな折、かねてより別現場(諸般の事情により伏せさせていただく)で交流のあったオタクからその現場の打ち上げ飲みでtipToe.の良さを熱弁され、そんなに良いならと布教のために買い込んでいたであろうデザインチケットを1枚譲り受け、視界も白むほど眩しい昼の青山を訪れることになる。

 

1st CONCEPT ONEMAN
「blue moon rising」

 

開演するなり、あまりに可愛らしいメンバー6人とクオリティの高い楽曲が立て続けにパフォーマンスされる光景が眼前に広がり、瞬く間に心を奪われた。
その可愛らしさはいずれも「昼編」と呼ばれるアルバム「magic hour」に収められた楽曲たちから生まれるものだ。

中盤、SEとともにメンバーが退場する。退場するんだ。そんな光景は地下アイドル現場では滅多に見かけない。単なるアイドルのライブという枠組みを、縁石でも跨ぐように易々と越える下地が既にできているとすら感じた。

柔らかなネイビーが優しく包み込む新たな装いになってメンバーが再び舞台に姿を現す。
特殊な周波数で鳴らしているという浮遊感のある音色のトラックに、都塚寧々の淡々としながらもそれゆえに想像力の余白を確かに揺さぶるポエトリーリーディング曲「砂糖の夜に」でステージはこれまでと様相を大きく変える。

空間を澄んだ夜色に染め上げると、その凛とした静寂を待っていたとばかりにピアノが跳ねるイントロから「僕たちは息をする」がはじまり、前のめりなギターリフと丁寧に言葉を編みながら紡がれる歌。そしてサビで破裂する激情溢れるボーカルと嵐のように舞い乱れる振付。
本当に良いものはまっさらな状態で観ても良いと思えるはずだ。1曲も予習せずに臨んだこの日の少なくともこの時点では、この曲がもっとも好きであったと記憶している。終演してすぐ知り合いに曲名を尋ねた2曲のうち1曲だ。

予習をしていないとは言いながらも、実はdotstokyoによるカバーを何度か観ていた「クリームソーダのゆううつ」の本家をこの日初めて観た。なんて可愛い曲と振付……とは思っていたが、さすが本家はその可愛さのレベルが段違いな域に達しており、既に様々な角度から受けていた衝撃に容易く新色を加えてくれた。今にしてみても、この清潔な可愛らしさこそtipToe.の真髄と言えるものかもしれない。ミュージックビデオにもそれは十二分に表現されている。

シンプルな演奏から徐々に音数を重ね終盤に向けて熱を上げてゆくバンドアンサンブルが心地好い「ナイトウォーク」はこの日の入場者へリリースに先立ちCD-Rで音源が配布された。家に帰ってからひたすらリピート再生し余韻を貪欲に味わい続けていたこともよく覚えている。

やがて最後に披露されたのが「blue moon.」だった。
ドビュッシーの月光をバックに舞う三原海の流麗なバレエ・ソロからその曲は幕を開ける。
夜闇の深淵を美しく描き出すような仄暗いピアノの響き、複雑に織り込まれたファルセットを束ねたような歌声、空間に広く鳴り渡る壮大なバンドのグルーヴ、秘密の夜をドラマチックに、あるいは抽象的に、時に人物にフォーカスし、時に豊かな景色の表現へと夜風が誘うように表情を変える振付……

2022年現在でアイドルのライブに通うようになって10年程経つが、これ以上に衝撃を受けた曲は他に無かったと言っていい。聞けば初披露の新曲。とんでもないものを観てしまったという気持ちになった。すべてのアイドル楽曲の中で1番好きな曲を問われたならば、それが「blue moon.」であると挙げる手に躊躇いは無いだろう。

なお「blue moon.」という楽曲に紐付けられる重要な曲が後に発表されることになるのだが、今回の本旨に沿うものではないので割愛させていただく。

この日をきっかけとしてtipToe.の現場に通うようになった。
帰り道のあいだも余韻が抜けず、気付けば通販でグッズを買い漁っていた。シンプルかつエレガントなチェキ帳も、今ではすっかりボロボロになってしまったレザーケースも、この日の帰り道に注文したもの。

そこから1期生が卒業するまでの1年半をtipToe.のオタクとして駆け抜けることになるのだが、交流にも恵まれ実に充実した時間を過ごすことができた。
ガラクタの物陰に埋もれ日の目を浴びる機会をとうの昔に失ったはずの青春を、紛れもない実感として体験させてくれたのがtipToe.だった。

時は経ちtipToe.は2期生として新たな6人のメンバーを揃え活動している。
自分はといえば、再始動における様々なタイミングの妙味や自分自身に巡ってきた出会いなどが重なり、結果的に今は全く別方面を主現場としてオタクをしている。当時卒業せず残っていたメンバーにとっての重要なイベントや、プロデューサーの熱弁に押し負けてチケットを買ったワンマンなど、数ヶ月に1度足を運ぶ程度になっているのが現状だ。

2022年6月、下北沢シャングリラ。そのプロデューサーの熱弁に押し負けてチケットを買った件のワンマンにて初めて現在の6人体制のライブを観ることになったのだが、グループというよりチーム全体のあまりのレベルの高さに驚愕を禁じ得なかった。しかもメンバーのうち2人はまだ加入して間もないという。
後に公開された「さくら草の咲く頃に」のミュージックビデオの熱量も含め、こんな人たちを出されたら一体どこの誰が太刀打ちできるんだろうか……と思わず口をついて出るほどに、見果てぬほど巨大なチームとファンが共有するベクトルの束を感じて戦慄さえ覚えたほどだ。

2期tipToe.はその時点でひとつのスタイル・形を成し、メンバーの脱加入による黎明期・創世記を越え、迷いなく歩み出す準備を整えたものだと理解した。

そこから次のライブを観ることになる今日まで半年ほど時間が空いてしまうのだが、つまり話は冒頭に戻る。

「blue moon rising」というタイトルが目に付いた瞬間にその日の夜の予定は空けたし、他に予定が入らないことを祈っていた。

幸いにも11月30日の夜に入れた予定を阻害するものは何一つ無く、開場待ちの人混みに誘導され、1stとは規模感において一線を画す白金高輪SELENE b2に足を踏み入れた。

幾人もの見知った顔と再会し同窓会気分に浸りつつも、見知らぬ多くの顔が埋めるフロアを眺めれば、それは6月に観た6人が迷いなく間違いなく往くべき道を邁進してきた成果であることに疑いの余地は無いとわかる。

冒頭のSEは1期のストーリー上のラストナンバー、設定上は卒業から1年後の話である「特別じゃない私たちの物語」のピアノインストゥルメンタルアレンジだ。同曲のミュージックビデオでは、ステージで踊るメンバーとそれを客席で応援し楽しむメンバーが、過去と未来を繋ぐように描かれていた。
そしてtipToe.の2期メンバーは演出ではなく実在する“客席側”の女の子たちだ。そしていま、踏み出した彼女らはその道半ばでひとつの大舞台に臨む。

 

2nd CONCEPT ONEMAN
「blue moon rising,______」

 

これを書いている時点では、アーカイブ視聴者向けに公式からの情報出しを意図的に絞っているようである。
そしてそれゆえにセットリストが不明である。

しかしながら本公演を語る上での構成や既存曲のキー楽曲に関してのネタバレは避けようもないものとして以降についてはご理解いただきたい。(いやまぁ前情報無しでアーカイブ観たい人がこれを読むことはないか)

前半のブロックは概ね1stと似たような構成を辿る。演者にも観客にもひとひらの想いがよぎったであろうSEに続き、2期はじまりの曲「春の風速、帳が揺れて」でライブは幕を開ける。これを皮切りに、昼を思わせる明るい曲たちがライブ専用の繋ぎ音源を交えて次々と披露された。

実はこのライブ、後に書くキー楽曲を除いては、1期の既存曲を完全に排して構成されている。
過去の誰も手を着けていない自分たちだけの、それもこれまでの活動で共に歩み馴染んでいる楽曲たちを、魔法の国の夢でも観ているかのように鮮やかに繰り広げてゆく。SELENE b2の巨大スクリーンによる映像演出も多分に彩りを加え、「クロックワーク・スパークル」でその煌めきは最高潮に達した。

マジックアワーの空を映すスクリーンをバックに、残されたシルエットがひとつ、またひとつと去ってゆく。

訪れる夜闇。

1期を何度となく観てきたファンなら耳に馴染みも懐かしさもあるであろう、aoi kanataによるピアノインストゥルメンタルが会場に響き渡る。よく知っているこの楽曲はつまり、tipToe.がステージに描き出す物語に夜の帳が降りる随の旋律であった。

淡いブルーグレーの新衣装を身に纏い、メンバーは再びステージに現れる。

規則的にリズムを刻むトライアングルの音色。特殊な周波
数の音色でメロディーを奏でるピアノ。下手に白熱灯のようなスポットライト。街灯の照らす下に少女。片手に文庫本。澄んだ声色で深見みことは言葉を紡ぐ。

夜闇に白色の薄明かりがイメージとして染み付いた劇伴を伴う朗読劇は、夢と現の狭間を揺蕩うような世界を表現する演者たちと読み手を代わる代わる交替し、都塚寧々が語り部を務めた1期とは異なり、モンタージュのようにその役目を変え続けることにより感情移入先としてのより豊かな普遍性を獲得した。

最後に再び深見が冒頭のフレーズを繰り返し、新たな解釈を得た「砂糖の夜に」の物語が綴られると、優しい静寂に寄り添うように響くピアノの音色、慎ましく歩むリズムセクションのグルーヴ。夜のしじまに心を浸し、歩いた先に夜明けを迎える。にわかに鼓動を高めた体はそんな予感に満たされる。

信号は青。

宵闇は紫。

ドビュッシーの月光をバックに舞う柚月りんのバレエ・ソロは美しくしなやかに、仄かに妖艶さを孕み、闇に溶ける。

夜闇の深淵を美しく描き出すような仄暗いピアノの響き、複雑に織り込まれたファルセットを束ねたような歌声、空間に広く鳴り渡る壮大なバンドのグルーヴ、秘密の夜をドラマチックに、あるいは抽象的に、時に人物にフォーカスし、時に豊かな景色の表現へと夜風が誘うように表情を変える振付……

何度となく目の当たりにし、心を空にして感じてきた音が、光が、舞踊が、再び眼前に蘇る。
演者を伴いステージに上がる、それだけで大きな価値がある楽曲だ。久しく観なかった楽曲との再会に、言葉になりえない大きな感情が胸を満たしていくのを感じる。

歌声は左右から立体的に、それでいて幻想的に響き渡り、夜の帳をふわりと揺する。
同じ脚本でも演者が違えば風の香り方も変わってくるもので、奇跡のような青い月の美しさを背に、いつか見た夢の追想は今を踊る演者が織り成す秘密の邂逅にフィルムのコマを進める。

2期の6人という新たなパレットで描き直された「blue moon.」の物語に連なるのは、かつては夜と、夜の果ての物語であった。

長く降り続く雨。

モノローグ。

長い夢から目覚めれば、外は雨。
夢の中の自分は自分ではなかったとわかってしまった、と語り部は口にする。
それは誰かの、いつか見た誰かの物語だったのかもしれない。

雨の中、傘も差さずに少女たちは歌う。

「雨編」と題された新曲は5曲。
1期「夜編」では夜の時間軸を辿る物語が描かれていたが、2期「雨編」ではおそらく「場所」を与えられており、物語が展開する新たな「空間」を創り出した。よもや「blue moon.」を基軸とした世界がz軸方向に押し広げられるとは思うまい。

聴き違えるはずもないaoi kanata作曲であろう美しさと湧き溢れる情感を灯した楽曲、ソリッドにしかし軽やかに韻を踏み渡る新機軸のラップ曲、熱を迸らせつつ言葉から変拍子を立ち上げたかのようなマスロック的な楽曲など、1期を含むこれまでのtipToe.とは明らかに趣を異にしながらもひとつひとつに妥協の無い熱量が込められた楽曲たちがレパートリーに加わった。
いずれも初めて耳にし目にする楽曲ながら、ことごとく刺さりに刺さる。またもとんでもないブーストのかかりを見せつけられてしまった。

最後の新曲に僅かに聞こえた夏を迎えるようなフレーズ。
本当はもう半年早くやりたかったライブだったのではないかという気もしてくる。そういえば1stは視界も白む夏の日であった。
コンセプチュアルに展開されるライブにフロア一同示し合わせたかのように拍手ひとつしなかったのが、最後の新曲の終わりには誰ともなく拍手が生まれていた。それも心から手を打ち鳴らしたくなるようなタイミングとぴたりと重なって。チームと観客が共有する巨大なベクトルの束と心根の部分で繋がれたような感覚を覚えていた。

新曲群の披露に続き、強靭な完成度と熱量を叩きつける「ユナイト」「さくら草の咲く頃に」でライブは大団円を迎える。

アンコールではメンバー一人一人がこの大一番を終えての感想を述べた。とりわけ印象的だった2人がいる。

まず口を開くなり反省点があることを告白した宮園ゆうか。
一例だが、2014年にでんぱ組.incがかねてよりの夢であった日本武道館公演を完売御礼で大成功させた。そしてその舞台裏を追ったドキュメンタリーによれば、余韻や達成感に浸ることもなくライブ直後に大反省会がおこなわれたのだという。
以降の活躍は現在の知名度からお察しの通りで、直後にブレイクを果たし活動の幅を大きく広げることになった。
アグレッシブな姿勢に満ちた宮園のMCからは、今後の期待値をいくら上げても足りないような頼もしさが感じられる。

続いて柚月りん。6月のワンマン同様により大きな舞台を目指したい旨を口にし、そして具体的な目標として(1期tipToe.の最終到達点でもある)Zeppに立ちたいと秘めていた願望を打ち明けた。
その熱く強い上昇志向には胸を打たれたが、それ以上に心に響いたのが、6月のワンマンでは「tipToe.を守らなきゃいけないと思っていた」と当時の胸中を明かしてくれたこと。
1期tipToe.と共に駆け抜けた身としてこれほど嬉しい言葉はなかったかもしれない。

1期終了後、唯一残った日野あみは「うちがいなくなったら(1期の)みんなのことを伝えていく人が誰もいなくなる」と活動期間満了までtipToe.を続けることを決断してくれた。

そして日野の卒業と入れ替わるように加入した柚月が語ってくれたその想いは、あの日に彼女から感じた凄みの正体だったのかもしれない。

足繁く現場に通っている身ではないのでわかりようもないが、大舞台での確かな成果のその一方で、日々のイベント出演などでは不安や危機感を覚える場面も多々あったのかもしれない。楽曲やパフォーマンス、メンバーの容姿や才能がいくら優れているからといって、必ずしも動員に結びつくとは限らない世界でもあるだろう。

言うまでもなく今日のフロアの光景は紛れもなく彼女らが想いを紡ぎ続けてきた結果であることは間違いないし、今日を観た上でこの先のことを端的に言うならば「Zeppでいいの?」と言わずにはいられない。Zeppにはいずれ立つだろうが、それはあくまで通過点としてのステージであるような気がしてならないのだ。

どれだけ高い評価を受けても順風満帆ばかりというわけにもいかないだろう。やがて雨に降られ、靴は濡れ、その足取りが重くもつれる日々も訪れるかもしれないが、その先の晴れ間に辿り着ける才能を併せ持っているのもまた彼女ら自身だ。

雲の切れ間か光芒か、この6人が歩む先の景色ならぜひとも観てみたいな、と終バスの終わった深夜の夜道を歩きながら思う。

午前2時。今夜の空はいつになく眩しく感じられる。