56 劇場版ゴキゲン帝国「インディーズベスト」の忌憚なきレビューを書いてみた(前編)

アイドルグループ・劇場版ゴキゲン帝国が1年余の活動の果てに待望のフルアルバムをリリースする。
劇場版ゴキゲン帝国というのはすさまじくゴキゲンな人たちのことである。
CDリリースは11月22日だが、iTunesほか各社配信サイトでは既に先行配信が行われている。

そんなわけで本作のCDリリースに際して、先行配信を聴いて収録曲を勝手に解説・レビューしていきたいと思う。凄まじい文量になったが、それだけ語り甲斐のある1枚なのだ。1曲1曲、書いても書いてもあれもこれもと書き足したくなってしまうほどである。
そんなわけで半分しか書けてないんだ(´・ω・`)まぁこれでも飲んで落ち着いてほしい。🍵

良いとこは良い、悪いところは悪い、と正直言ってしまうのが自分のやり方なのでいろいろ書いてるが、概ね絶賛である。ではどうぞ。

**************

1.人の金で焼肉食べたい

いまや押しも押されもせぬゴキ帝の代表曲となった、全国民がそのタイトルに共感するであろうハイコンテクスト・ナンバー。CDシングルとして唯一リリース済の曲で、本作収録分は表記はないが現メンバーで再録&トラックをブラッシュアップしたアルバム・ヴァージョン。
オリエンタルなテイストのEDMナンバーで、気持ち良く踊りながら「人の金で焼肉食べたい!」とひたすら歌うだけという、「とりあえず乗っかっとけ!」感のすごい曲。ライブだろうが音源だろうが初見のインパクトが凄まじい。
ふざけた感じの曲でありながらも楽曲の展開やメロディーラインの運びはとても気持ち良く、また声優としての活動歴もある九軒ひびきの甘くもキレのある発声が楽曲のポップ性を際立たせている。そして耳触りの小気味の良さに加えてリーダーである白幡いちほの道化的な立ち回りもスパイスが効いており、しまいには野太い男達による「ゴチでーす!」のコールもインサートされてくる。しかもこの野郎共ラストは連発してくるしその脇で白幡はなんかもう発狂しているし、最後までとにかく飽きの来ないハイクオリティなネタ曲で、掴みの強さが半端じゃない。
一点難を挙げるとすれば、シングル・ヴァージョンと比較するとタイトルを繰り返す箇所での低音コーラスの追加が余計なことか。元々低音の効いた楽曲だが、ボーカルラインの低音の強化はBGMとして流れていたときの掴みを若干弱くするように思われる。今後ラジオなど公共の電波に乗ったときにちょっと勿体ない気がするという話で(市場のお祭を手伝ったときに賑わう雑踏の中で流してみて思った)、売れていく前提の指摘なのは言うまでもない。

2.GGT-ROCK

高速BPMの四つ打ちパワーロック・ナンバー。
ヘヴィーなビートに懐深くもアグレッシブな歌詞で、とにかくテンションの上がる痛快な1曲。元々フェイク的にライブで取り入れられたという九軒ひびきのシャウトもしっかり音源化されており、熱くブチ上がりそしてスカッとすること間違いなしの仕上がりとなった。
このラインの楽曲は、一例としては4,5年前に電波ソングとニュー・ウェイヴ・パンクのサウンドを絡ませて独自性を確立させたでんぱ組.incが少しやっていたり、その妹分たる妄想キャリブレーションの初期サウンドプロデュースを手掛けたWicky.RecordingsがEDM・ユーロビートとアニメソングをクロスオーヴァーさせるスタイルで(「悲しみキャリブレーション」「魔法のジュース」など)、近年の邦ロックのダンス・ミュージック化とアイドルカルチャーとの融和と共にライブアイドルのムーブメントの中でスタンダードとして確立してきたものであったりする。つまるところライブではどのグループがやってもめちゃくちゃ盛り上がるし、本当にどこでもやっている。ジャンルに拘らず熱く盛り上げる系ならまずこういう曲は持ってないといけないレベルですらある。
ところで、アイドルのライブというのはほぼどのグループのライブでやっても通用する特定のコールなどがいくつか存在する。そして長年様々な現場で様々なコールが試行錯誤されてきた歴史があり、それゆえ「このビートならこの動き/コール」といったものが慣れてきたオタクは嗅覚でわかるので、初めて聴く曲でも数百人の観客が同じことをできたりもする。つまり一度どこかのグループにハマった人であれば他のグループでも最初からある程度楽しめるのだ。これもまた地下アイドル界の発展の一因であるのだが、ここまで語ってようやくこの楽曲の話になる。
まさにそういった楽曲のテンプレートを書き起こしたのが「GGT-ROCK」なのだ。なんせもう歌詞のなかにやることが書いてある。「とりあえず左右に両手叩いとけ」とか「とりあえずオーオーオーオー言っとけ」とか。そして実際そういったコールが起こるビートだし現場ではすさまじく起こっている。しまいにはコールばっかりしてて歌詞聴いてないだろ?みたいなアイドルライブにありがちな光景もそのまま指摘していて、とにかくメタ要素が強い。そしてこうしたメタ的な歌詞はゴキ帝の十八番であり、これも「焼肉」に続く挨拶がわりの1曲である。
ひたすら「歌の説明をする歌」に徹した岡崎体育「Explain」の地下アイドル版とも言える楽曲だが(それゆえほんのりと後続のアイドル達に釘を刺しているようでもある)、本曲に関してはグループの主たる意志やスタンスが力強く表現されたメッセージ性の強さも併せ持っている。
ライブハウスのフロアの様子を細やかに描きながら「とにかく楽しもうぜ!」というのが歌詞の主な内容だが、あらゆるノリ方を挙げてそして肯定する懐の深さが特徴的。ライブで「かかってこいやぁ!」とか言う人多いけど「ちっちゃくでいいからリズム刻んどけ~」とか言わないもんなぁ。作詞を手がける白幡いちほの人柄ゆえであり、フロアにいる全人類を肯定するそのスタンスはまさに「ROCK」である。そもそも世の中にはいろいろな生い立ちや生活文化を抱える人がいて、それぞれ異なる人たちが同じ空間で同じ音楽を楽しむことは凄まじく「ロック」な現象であるし、それを具体的・直接的な言葉にして肯定する姿勢はまさにロックといえる。「GGT-ROCK」、言わずもがな「劇場版ゴキゲン帝国のロック」だ。すべての帝国民に向けたウェルカム・ナンバーである。
(注:自分の文章において「ROCK」「ロック」は他文化への理解・肯定・受容を意味する)
ちなみにライブでは冒頭からひたすらコールが巻き起こるため、現場で幾度となく聴いているにも関わらず本作の音源化で「イントロこんなだったんだ…」「こんなカッコいいギターソロあったんだ…」と目から鱗を落とすオタクがめっちゃいるとかいないとか……

3.Nice to meetune

東京キネマ倶楽部で行われたワンマンライブのハイライトに披露された新曲のひとつ。爽快でポップなEDMナンバー。EDMといってもミニマル寄りな「焼肉」とは異なり、こちらは野外フェスやアリーナクラスのフロアにも似合うビッグ・ルーム・ハウスのパーティーチューン。
静かでしっとりと歌い上げるAメロから徐々に音が重なっていく展開がとてもエモーショナル。サビが終わるとメンバーの多様な声素材を用いたボイス・サンプリングも飛び出し、スパイシーなアクセントが効いている。率直な感想としては「超カッコいい」。ラストのカットアウトなど鳥肌ものだ。曲の毛色がほかと少し違うのでアルバムの位置的にはもう少し考慮の余地があったのでは?と思うが、後述するメッセージ性に掛けるとこれもまたウェルカムソング的に機能しているように思えてアリな感じもする。
白幡いちほと御握りんの力強い歌声が気持ちよく乗っかってくる曲で、ファンク・ソウル的なハリのある歌声を聴かせてくれる白幡と伸びやかで低音まバッチリ効いた歌唱力抜群の御握によるツインリードがこの楽曲のキモとなっている。声質で分類すると残りのメンバーはアニメ声寄りなのだが、Bメロで可愛らしく歌う廿楽なぎ・先斗ぺろのパートは前パートを承る展開の上でサードパーティー的な(ともすればリスナーサイド的な)役割を果たしていて、後述するテーマの上でのロールプレイチックなドラマ性があるし、2番Aメロやコーラスで的確に存在感を発揮する九軒ひびきの透き通る歌声も気持ちよく響いてくる。
サビでは白幡・御握の二人のどちらかがリードを取り、残りのメンバーは合いの手的なコーラスに徹するという役割分担がなされている。こういうところにもチームワークの良さを感じることができ、グループのコンディションの良さを改めて見せつけてくれている。
「独りがいいなんて強がりはテキーラ飲んでゲロっちまおう!」とかいう大学生の飲み会みたいなノリ(前向きな意味で)を感じる歌詞が1番から出てくるが、全容としては「どんな人であっても私達は受け容れる、一緒に楽しもう!」というメッセージが込められている。友達いないとか友達といても孤独感拭えないとか、でもそれが自分だしそのほうが楽なんて本当はそんなことないのに強がってるすべての日陰のいじっぱり達を優しく大きく包み込む包容力にあふれた歌詞となっている。寛容という意味においてはリーダーであり運営でもある白幡いちほの懐の深さとそれが決して口だけにならないと思わせてくれる実績に裏打ちされていて、生半可な共感応援ソングなどでは届かない心の深淵まで貫く説得力を持っている。もちろん彼女を信頼して追随するメンバー達も実に頼もしい。ただまぁわりとエモい歌詞なのだから「ドラゲナイ!」とかふざけなくてもよかったのでは~と思わないこともない。1番の「Gero now!」あたりのくだりは実にゴキ帝らしいというか作詞家白幡いちほのカラーがしっかり出ていてニヤリとさせられる。
タイトルは言わずもがな「Nice to meet you」と「tune(曲)」を組み合わせた造語だろう。
「Nice to meet you」、単に「はじめまして」と訳されるが、語源を想像するとそこにはおそらく「あなたに逢えてよかった」というニュアンスが含まれる。ゴキ帝はきっとそういう意味合いを込めて歌ってくれているのではないだろうか。この曲(tune)を通じて「あなた」と出逢いたい、そして「逢えてよかった」と歌うのだ。人間、自分に対していろいろ思うことはあるだろうし引け目とかコンプレックスとかで足が竦むなんてことも腐るほどあるが、例えどんな人であろうともゴキ帝は「あなた」に逢えるのを待っている。この楽曲にはそういった心暖かい精神が詰まっているように思うのだ。
終盤「だから君の声をもっと聴かせてよ」から、2番までのサビでは歌詞のあった部分がシンガロングに切り替わる瞬間がたまらなくリリカル。こちらから言うべきことはすべて言った、ここからは「私達」と「君」の歌だ、と手を差し伸べているようだ。ゴキゲン帝国に入国審査はない。

4.大切なお知らせ

「アイドルオタクが最も目にしたくないワードランキング第1位」をそのまま曲にした、地下アイドル界の鉄板あるあるを歌ったグループの代表曲のひとつ。 歌詞にはアイドルオタクにはお馴染みのワードも多数登場する。
一応解説しておくと、アイドルが告知で「大切なお知らせ」と題したニュースリリースを行う場合、そのほとんどがメンバーの卒業やグループの解散など悲しいお知らせであることが由来。ちなみにポジティブな発表の場合は「重大発表」とすることが多い。
こちらも現メンバーで再録されたアルバム・ヴァージョン。アレンジは変わらないもののAメロのギターが左右入れ替わるなど細部に変更点が見られ、音圧もよりヘヴィーに調整されて原曲以上にパワフルな仕上がりとなった。
原曲はグループの初音源としてリリースされたものの、MDの無料配布のみでリリースというなかなかリスナーに喧嘩を売った形態だった。余談だが、のちにゴミを売ったりもしている。
配布MDが瞬殺だったことからのちに無料配信もされたが、期間限定であり旧ヴァージョンについては春以降入手困難となっている。なお当時MVが製作されたこともあり、音源を聴くこと自体は可能。推しが卒業した経験のあるオタクが多数出演し、その悲壮感に共感するアイドルオタクたちの中でにわかに話題を集めた。なお本作リリースにあたり一般公募の中から選ばれた新MVも公開されている。
元メンバー雨情華月がキャラクタリスティックに務めあげていた冒頭の語りは、5月に新メンバーとして加入しカラーとしては正反対といえる廿楽なぎが引き受けた。その声質と演技力から音源の中で二次元的な偶像化を成しえた雨情版に対し、この廿楽版はその小動物的なキャラもあいまってリアリティを孕むいたいけな少女像を打ち出した。原典に忠実に行くならば九軒ひびきが抜擢されていたと思われるが、新たに加わったメンバーの旨味を持ち曲に満遍なく割り振るにあたりこのディレクションは実に鋭い。なお、旧ヴァージョンで合間合間に挿入されていた雨情の小悪魔的なフェイクは、代打を任せることなくそのものがカットされている。雨情のキャラもあいまって味わい深かったが、この新ヴァージョンではこの変更により歌詞が一層ソリッドに引き立つようになっている。聴き比べてみるのも面白いだろう。
冒頭の語りパートが終わると、しんみりした空気をぶった斬るかのように重厚なギターリフが叩きつけられ、「そんなん言うと思ったの?」と痛快な反転攻勢を見せてくれる。サウンドはNARASAKIっぽいかもしれない。短調のヘヴィー・ロックから回想するかのようなシンフォニックなパートに展開して歌われる、経験者ならば涙なしには聴けないアイドルオタクのブルースアイテムの数々。やり場のない想いをぶつけるかのようなブリッジからサビでメジャーコードに展開するあたりは、まさに邦楽ロックの文脈を取り込んだ現代的なアイドルソングといった趣だ。
1番の歌パートだけでCメロまであるのだが、2番ではCメロを省きBメロからサビにつなげており、この部分のコード感がなんともいえずおしゃれである。ついでにマニアックなところをもうひとつ挙げておくと、イントロのカウントに食い気味で入るギターと間奏明けの弾みのあるハイハットがなかなか重要なアクセントになっている。これについてはTHE YELLOW MONKEY「JAM」のイントロのハイハットくらい欠かせないものだろう。細やかなアレンジへのこだわりと配慮を随所に感じる。
これは白幡自身がたびたび口にしていることでもあるのだが、彼女は「応援してくれる人を悲しませたくない」という意志が人一倍強い。アイドルオタクあるあるをコミカルに描きながらもアイドル自身のブルースをも織り込み、「来年の今日も君とこうやって笑っていられるとは限らない」と誰もが目を背ける非永続性に釘を刺しつつも、最後には「やめるのや~めた☆」と締め括るこの楽曲。アーティスト寿命が極めて短いアイドルという存在の歴史に積まれた普遍性を飲み下しながらも、簡単には諦めまいとする意志の強さ・硬さが歌詞を織り成す言葉の随所に織り込まれている。鎖帷子のようだ。
ところで、オルゴールの切なげな音色に乗せて冒頭のセリフを話す廿楽の姿から「どこでもいっしょ」(プレイステーション®️)のラストシーンを連想するのは自分だけだろうか……

5.vs.MAD

前曲「大切なお知らせ」がオタクに向けた歌だとするならば、こちらは他のアイドルに向けて歌われた歌だ。もっと言うと「大切なお知らせ」が表層的なイメージを形にしたポップソングであったのに対し、この楽曲は楽屋裏の不満を明け透けにぶちまけた、本来であれば「内にしまっておく」ような内容である。まさに天使と悪魔、「大切なお知らせ」のダークサイド。いわば「裏・大切なお知らせ」といったところか。
冒頭のノイズは今年5人になった某グループのサイネージ的な楽曲を彷彿とさせるが、楽曲自体はスラッシュメタル東京キネマ倶楽部ワンマンでの初披露時には「移り変わりの激しいアイドル界に向けたストレス発散パワーチューン」として紹介された、ゴキ帝の多様な楽曲群の中で最も激しい曲である。 和のテイストを感じさせるメロディーラインは言葉の乗りを良くする効果があるように思われる。
バッキングトラックに着目して聴くとかなり展開の多い曲だが、メロディーに関しては比較的シンプル。というか、かなりの比率で矢継ぎ早に台詞が叩き込まれてゆくパートが挿入されており、主張を全面に押し出していくスタイルを取っている。
低音部が潰れ気味であり、若干迫力に欠けるミックスが玉にキズか。しかしながら、ある意味このミックスは歌詞に傾注させるためとも受け取れるほど、その内容は強烈に過激なものとなっている。
いまや売れる・売れないに目を瞑れば実のところ地下(地底)アイドル現場の参入障壁は非常に低く、希望すれば誰でもアイドルとしてステージに立ててしまう実態がある。''選ばれる''ことなく、誰でもステージに上がることができるのだ。もはやオタクの数よりアイドルのほうが多いとする説まである。
自己顕示欲や承認欲求の充足手段として実のない活動をする自称アイドルも少なくないのだろう。とにかく「本気じゃないなら邪魔をするな」と言うメッセージが強く深く刻み込まれたのがこの曲だ。歯に衣着せぬどころか「肉も骨も目ん玉かっぽじってとくと見やがれ!!」というくらいかなり生々しくダメなアイドルたちへの不満が炸裂している。一般常識レベルの話もあるのだが、華やかな舞台の裏がいかに混沌としているかがよく描かれている。私事ながら一時期裏方として業界の端っこにいたことがある身としては、立て続けにぶちまけられる愚痴な数々には相当なリアリティを感じる。耳が痛い関係者も少なくないことだろう。
極めつけは白幡いちほが放つこれだ。
「応援してくれた奴らを責任持って笑顔にしろよ!!」。
ぐうの音も出ない正論。しかしそれを口に、あまつさえ曲にするというのは生半可な覚悟ではないだろうし、かといって奇を衒った蛮勇でもない。力強く吐き捨てられるアンリミテッドな文句の数々からは、その一方で「ゴキ帝なら大丈夫」「ゴキ帝は裏切らない」と思わせてくれるような頼もしさも感じられるのだ。
中盤、「私達は誰にも利用されない」と言いつつも「自分を信じさせてよ!!」と葛藤も見せる。気を抜くとあっという間に蝕まれる業界の狂気に対する抵抗の様子もまたなんとも生々しい。ゆえに「vs.MAD」。自らの周囲に渦巻く狂気と戦いながら、世をゴキゲンにすべく劇場版ゴキゲン帝国の戦いは続く。
余談だが、九軒ひびきと廿楽なぎの台詞パートが非常に秀逸である。人によってはなにかに目覚めてしまうだろう。先斗ぺろのDisもなかなか攻撃力が高く、メンタルをザクザク切り刻むような口ぶりはなかなかに悪魔的である。御握りんは数ある台詞の中でも一般人的なポジションを務めているようで、その日常会話的な叫び方がとりわけリスナー的に共感しやすい声だったりする。業界云々に関わらず日常生活の中にある不満のカタルシス的な立ち回りを演じており、業界ネタな曲に終始しない引力をこの曲に持たせている。


*****************


続きはまだ一文字も書いてないからそのうち公開するね(´・ω・`)おつ