読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5 愛と青春の日々

ただネクラだった中高時代、さして語るエピソードがないので捏造する。

思い出がないなら作ればいいじゃない。過去には戻れないんだからどうせバレやしないわ。ある女は言った。
タイムマシンが発明された後、この発言をした身分の高い女はパクチーとしいたけの臭いが日替わりでする茨の箸を生涯使い続けなければならないという罰を受けたとされる。


天外魔境とはこのことである。

あまりにも閉鎖された空間、外界から人は入ってこない。業者や来賓には敷地外のダミー校舎が案内された。

ゆめかわいい色の気色悪いグラデーションの蝙蝠が廊下の天井に巣食い、教師は基本三つ目、部活動に流した汗は瘴気に汚染されたグラウンドに染み込みゲル状の魔物となる。

入学時には人間であった生徒は式の翌日には人体改造を施され、ハルクかスペランカーにされる。どちらにされるかの判断基準は入学試験の成績によるとされるが、塾で一緒だった「この学校は滑り止めだからよぉ」と謎に息巻いていた特進クラス出身の彼は(もちろん学力自体は彼の方が上である)スペランカーにされてしまったので一概には言えない。最も入試の成績開示は行われていないので噂と憶測以上の情報を有するものは誰もいないのだが。ノリとか気分、という話もある。たぶんどれも本当でどれも眉唾なのだろう。自分もスペランカーであった。国語は完璧だったはずだがもはや段差もジャンプしなければ降りられない。

入学後即行われた学力試験においてそれなりの成績を収めつつ今となっては何が仕事だったか記憶が定かではない「班長」を進んで務めたことにより、シーラカンスのミルクレープにルリスズメダイをびっしり貼り付けたような軟体生物の担任教師からそこそこの信頼と期待を得た。
しかしそんなもの意に介さないのがこの男。なんせ受験生時代に''期待疲れ''をしている。
その後は見事に学業を放棄し、もっぱら学校に来ては封印された井戸を掘り返し呪われるのが日課となっていた。

ある日、うじうじしたいじめられっ子気質のハルクを時空の狭間に放り込みスポンジボブ辛味噌和えを殴ったような生物にしてしまい学級裁判で裁かれる。
既に通学中76回ほど死亡したあとのスペランカーに対しクラス中のハルクがスーパーコンボをキメてくるという私刑も甚だしいリンチで、以降はちっちゃいエイリアンとなり蛍光灯の中で授業を受けることを余儀なくされた。黒板が見づらい。

学園祭シーズンともなると外貨獲得のために一般的な私立の中高一貫校を装うための偽装工作が行なわれる。
他はともかくこの時の指導(洗脳や技術指導)は見事なもので、どこからどう見てもエロゲーの舞台になりそうなごくごく普通すぎてそこまで普通じゃないびっくりするくらい売りのない学校ができあがる。
しかしそんな中でも数年に一度はバカが現れる。

新入生のクラスで催されたお化け屋敷でコアに盛った男子が触手を放ち、上級生にナンパされて来ていた女子を辱めたのである。
以降同校ではお化け屋敷が禁止されたが、一部始終を見ていた同クラスの複数の生徒が生活指導教師に対し「あの女は下腹部に逸物とふとももに第三の眼がついていた」と証言している。また、当該触手についても通報を受けた教職員が駆けつけた際には体液を吸い尽くされたかのような乾物状態で発見されたという。

年度末になると新入生の学年ではインサイダー取引が流行した。会社社長の息子が多くいる名門学園であるが、授業で身につけた洗脳技術を用いて父親インサイダー取引を行わせ、先に逮捕されたら負けというゲームである。結果として1クラス相当の生徒が義務教育過程にありながら学費を支払う目処が立たず、学籍を塵にした。

インターネットに精通するスペランカー達の中には、m○xiが主流であった時代にSNSを活用する者もいた。
ネットで趣味の合う友達を見つけ遊びに行くこともあったが、あまりにも人生の徳の積み方が違いすぎるネッ友達を前に何も喋れず心に涙を流しながら帰宅することがほとんどであった。ちなみにそういう奴が1度の集まりに2人はいる。

一度あるSNSで知り合った女の子と二人で会うことになった。文章の雰囲気ほど可愛くはなかったが、というかどちらかと言えばテンタクルスという名前でゲームに登場する感じの子ではあったが、なにぶんまともな人間界との交流も希薄になっていた頃なのでそれなりに楽しく遊んだ。
帰りの道すがら、「何もしないから寄ってこうよ」と古井戸に誘ったのが良くなかった。なんやかんやうまいことやって唇の一つも奪ってやろうとしたところ、露骨に避けようとした彼女の鞄が井戸のお札を剥がしてしまい、彼女は瞬く間に深い闇に引きずり込まれてしまい行方不明となってしまった。命からがら逃げることができた自分の目に焼き付いていたのは、ターコイズブルーヤツメウナギに頭をかじられながらカルメンを踊る田中正造似の落ち武者だった。
数日後に枕元に現れた彼女に呪われ、今もまだ呪われている。ただ最近は人のドラクエの進め方にケチをつけてくるほどには仲が回復した。


飽きたので続く(のかどうなのか)