64 古参とは言われるけどおまいつというほど現場行ってるわけでもない自分が突然ゆるめるモ!のコールまとめを作ったわけ

ゆるめるモ!現場における古参と新規の大きな違いって、ライブにおける楽曲の持つスタンスがそのまま反映されてると思うんです。承前なきぶっ込みから本日はスタートします。


ここ最近の楽曲は「初見でもみんなで楽しめる」がテーゼのひとつになっていると思います。

NEW WAVE STARのシンガロングや横揺れゴリラ、YOUとピアザのタオル回し、モイモイのモイモイピースダンス(全編にわたってみんなで踊る)、ミュージックのサビ(マンウィズのFly Againみたいなやつ)、そしてこの流れの皮切りになったのが4人になってから初の作品に収録された2016年のギザギザフリーダム(間奏~ラストサビでのシンガロング)だったかなと記憶しています。

「WE ARE A ROCK FESTIVAL」という作品はタイトルの通りロックフェスをテーマとしたコンセプトアルバムで、従来のゆるめるモ!と比べると「大観衆」を意識したような、そしてともすればメジャー感を意識したようなディレクションだったと思います。
一度のライブで数千人~数万人を動員するメジャーアーティストのライブには日常的にライブに通うような人はむしろ少なく、場馴れしていない人たちばかり。コール&レスポンスだとか振付のある曲を一緒に踊るだとかして一体感を生み出し、その熱量でそういった観衆を満足に導きます。(もちろん大衆を魅了するスキルとセンスがあるのは大前提です)

「ゆるめるモ!のライブはコールとか知らなくても楽しめる!」と喜ぶ新規さんの声は少なくありません。そもそも非ドルヲタにとっての参入障壁はアイドル現場特有のコールにあるのかもしれません。コール自体への嫌悪とかではなく、「わからないのに行ったら浮きそう…」とか恥の概念に起因する感じの。


かくしてゆるめるモ!は積極的なライブ活動と「WE ARE A ROCK FESTIVAL」をきっかけに新たなファン層を獲得していくのですが、その一方でそれ以前から現場に通っていた人たちにとっては相当のコレジャナイ感を覚えた方々もいるようです。

つまるところ「やらされたくない」感。
まぁ別にアーティストにすらもファンのノリを強制する権利はないわけですが、一体感の創造を演者側が提示することにより「いや自分はそうじゃなくて他のノリ方がいい」という人が出てくるわけです。
自分だってある。眠たいCITYでブチ上がったりナイトハイキングで沸きたくなかったりするんだ俺は。

好きにやってりゃええやんって話でもあるんですが、ただそうすると「空気が読めない人みたいで気まずい」という思いも出てきたりする。マイナス方面に「これをやったら…」というIFが出てきてしまうと、多かれ少なかれ窮屈な感覚がつきまとうんじゃないかと思います。それまで曲に合わせて自由な発想で楽しみ方を編み出して盛り上がってた人たちからしたら、そりゃな……という感じでもあるわけです。

例えばこのジャンル、このビートなら…こうしたいな!てのがあったりするんです。だからなんというかこう……みんなと同じことしないと怒られる小学校の授業みたいなね。小二の頃こどもちゃれんじで覚えた漢字をテストの回答に使ったら「まだ習ってないでしょ!」って怒られたのほんと解せないんですけど……。
子供の均一化を図る明治期からの旧態依然としたこの糞のような教育方針は未だにどこの義務教育機関にもあるようですが、それはつまり個を認めないということにもなるんです。
廃藩置県から「国」と呼ばれた各地域を「日本」というひとつの「国家」にまとめるために学校教育においては全国で同じことを教えたわけですよ。同じ体験をさせることで仲間意識を地域をまたいで持たせる。音楽にしてもそのツールに使われてしまったことがあるわけです。文部省唱歌っていうんですけど。


だからちょっと複雑なんです。「ひとりぼっち」としての個をすくいあげてみんなでひとつになろうとする、しかしそれによって潰されてしまう個もある……的な。うわめんどくさ。

自分なんかはそもそもドームクラスのアーティストのライブで育ってきたのでコール&レスポンスやらの一体感演出はすきなんですが(頭をからっぽにしてトランス状態気味になる気持ちよさもあります)、一方で能動的で創造的なアイドルオタクの楽しさも知っています。生み出すことまではしなくとも、既にあるものに勝手に乗っかるだけでも楽しいのです。

とかそんなことを考えたり考えなかったりしつつ先日Twitterでアンケートを取りました。
新規・非古参向け(自己申告)で、
「現場でオタクがやってるコール、どう思います?」
という質問。



f:id:rayblues:20180515002348j:plain

これね。

174名の方に投票頂きました。予想以上に反響があり、実のあるデータが取れたように思います。ありがとうございました。
何気に得票数が一番多かったのが「結果確認用」という票なき票なわけですが、みなさん「めっちゃ気になる案件」なんだな~と感じてます。
で、それが43%なので、ざっくり計算するとだいたい意見的な投票をしてくださったのが100人ちょいくらいになるわけです。

そしてその内訳としては
「やりたいけどわからない…」……37%(約67名)
「興味ないです」……14%(約24名)
「むしろ作りたい」……6%(約10名)
という形になりました。

「興味ないです」派にはむしろコール嫌いな人も含まれるのでしょう。そういう人も当然います。自分も曲によってはそうなります笑 正直これが過半数だったらコールまとめとか作るのやめようって思ってました。
結果としては「やりたいけどわからない…」、つまり現場通ってる人が勝手にやってることだけど、できるなら一緒になってやってみたいという方が70人近くいる!一応古参(推しに言われたので…)である身としては、オタクたちが培ってきたノリに興味を示し、あまつさえそこに加わりたいと思ってくださることはとっても嬉しいです!
でもそういうのまとめられてるブログとかもないし、古参に絡むには勇気がいるし、、、、、、うーん、、、、、、、という方が結構いるのではと思いました。歩み寄りっていうことになると、それはほぼほぼ先住民からしかできないことだよな。そんなわけで作ってますコールまとめ。
そしてむしろ作りたいに10人も入れてくれたのは驚きで、これもとても嬉しいことです!もちろん現場での実践なくして広まることはありませんが、コールまとめは提案と醸成の場にもなればいいなと思っています。ぜひ考えてみてください!楽しければ乗っかる人出てきますよ。


新規と古参の曲に対するなんやかんやの乖離は、無論先述した近年の楽曲ディレクションによるところが大きいと思います。ただそれと同時に、コール類を広めようとしてきた人が少なかったのもまた事実かなと思います。
3年前自分が新規の頃、ワンマンの前にふぁーさんが書いてくれたコールまとめを何度も読みました。現場で早くみんなみたいに盛り上がれるようになりたい!と思っていた当時、あのブログにはとても助けられたのです。(賛否両論あったみたいですが、それでも自分が現場を満喫できるようになった要因のひとつのはあのまとめです。今回のまとめでもかなり参考にさせて頂きました)
それ以前に通っていた現場(でんぱ組、妄キャリのディアステ系)でも同じようにコールまとめに助けられました。コールまとめは新規オタクにとって現場参入への有用なツールになっているのだと思います。


新規の方々には新しい曲ばかりでなく、メンバーと一緒にやろうみたいなのはないけれど昔の曲も好きになってもらいたい。昔の曲にも良い曲はいっぱいあるし、温度差なく楽しめたら一番いい。昔の曲のコールが広まればライブでの起用率が上がるんじゃないか。そういう願いもひとつあります。ただそれだけだと古参のエゴなのです。昔の曲やってほしいっていう……メンバーは先に進んでいるのに。新しい曲だってまたどんどん出てくる。最近の曲だってもちろんすきですよ自分は。
自分としてはそれと同時に、古参の人達にも新しめの曲たちを好きになってもらいたいと思っています。どうせなら何やっても最高に楽しいライブ、ってのがいいじゃないですか。それはもちろんオタク側からじゃどうにもできないこともあるんですけど、でも現場のノリに変化が出れば出す曲も変わってくるんじゃないかなっていう期待もあって。

最新曲「おこらないで」、めっちゃ沸き曲だと思います。(振付あれですが今はそこには目を瞑って話しますね…)
初期妄キャリレベルに遊びがいのあるアイドルソングだなと思っていて、こういう曲が出てきたこと自体ゆるめるモ!側もなにか変えていこうという意識を持っているような気がするんです。
シンガロングやフリコピを提示する曲はモ!の持ち曲の1パターンと割り切ってみんな楽しめたらいいなぁ、とか、思うんですけどね……どうすか、、、、まぁこのへんはわがままなんですけど。今後出る曲にもよるし。あともちろん地蔵でノってる(ライブの音で曲を楽しむ)というスタイルも自分は否定しません。
そしてこれももちろんですけど生理的に受け付けないタイプの曲を無理にすきになれとも言いません。それはもうだって……無理でしょ。どんなに有力な科学誌が全世界が認める論文を出してこようともアラブの石油王から国家予算レベルのご褒美がもらえると言われようとも、しいたけだけは絶対に食べないもん……むり。あれだけは本当に無理だな……というかキノコ全般ダメだしスーパーマリオの世界で生きるにはハードモードすぎてつらい。別にあそこで生きたくないけど。
あのただまぁそこまででなければ……せっかくお金払ってライブ観てるんだし、「たまにはノってやるかな」くらい思ってもらえたらなぁと。もちろんこれはあくまで自分の理想であって押しつけではないのでただのRPGツクールなのであのー石とかカマキリとかさくら大根は投げないでいただけると……


ゆるめるモ!すきなんですよ。昔から今まで結局のところずっとすきなんです。一時期は失望して他界したこともありましたけど、無責任だと思って、あとやはり信じてまた観に行ったらすごく良くなっててくれるんですよ。ずっとすきでいさせてくれてるんです。自分にとってはそうなんです。まぁわりとみなさんそうだと思うんですけど。

だから「最近の曲つまんね、昔の曲やれよ」って声に出して言うオタクと現場で会うとけっこうつらいんです。

そのへんも含めて、全体の雰囲気がもっと盛り上がればオタクも勝手に盛り上がりだしていろいろ生まれるかなとか思って、なんか自分にできることはないかなと思って、そしたらまあ今のところ誰もしてないことに手をつけることだけはできるかなと思ってのコールまとめ作成です。
でも何度も言ってますがほんとに強要とかする気ないので。。。とりあえず自分は誰になんと言われようと全国民から叩かれようと仲間に入りたいと思ってくれてる67人とむしろ作りたいというパワフルな10人のために作り続けます。よろしくです。